フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 板金塗装 修理 事例


川崎市にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お出掛け先の駐車場で低いポールに気付かずに、フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの左フロント部分をぶつけてしまったそうです。
左フロントフェンダーとフロントドア、そしてロッカーパネルに損傷があります。
お客様は自費での修理を希望され、お車をお預かりしました。

フロントフェンダー下部をぶつけた事により、フロントフェンダーが全体的に歪んでしまった上に、上方向に押し上げられてしまったようで、フェンダーとフロントドアの隙間が極端に狭くなって、双方のプレスラインも上下にずれてしまっています。
フロントフェンダーは部品価格を考慮すると、板金修理するよりもパネル交換した方が費用が抑えられる為パネル交換し、フロントドアとロッカーパネルは板金修理で対応する事になりました。


フロントドアを車体から取り外して確認すると、フロントドアの裏側もロッカーパネルもかなり大きく変形しています。


フロントドアは内側への折れ曲がりを修正し、表面・裏面共に板金修理します。

ロッカーパネルはドアパネルとは異なり非常に硬く袋状になっていて、今回の様なへこみ状態ですと表側からの引き出し作業だけでは綺麗に直しきれないと判断し、ロッカーパネルの一部分を切開して車体から切り取り、裏側から叩きだす方法で板金修理する事になりました。

切り取ったパネルを時間を掛け丁寧に板金し、なんとか元の形状にまで復元する事ができました。

板金作業の完了したロッカーパネルを元通り車体に溶接で取り付けます。


フロントドア・ロッカーパネルの板金修理部分にパテを付けて綺麗に成形します。

新品のフロントフェンダーや板金修理したフロントドアを車体に仮付けし、各パネルの立付けや板金修理の精度を確認します。



各パネルの板金修理部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ロッカーパネルの下部には、オリジナルと同様にチッピングコートを塗装します。

フロントピラーにはオリジナルと同じような雰囲気でシーリングを施します。




ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの塗装肌や質感を再現すべく各パネルを丁寧に塗装します。
フロントフェンダーとフロントドアの表面は1面全面の塗装で、フロントドアの裏側は小さい範囲での部分塗装、ロッカーパネルも極力塗り分けが分かり難くなるような箇所での部分塗装の方法で丁寧に塗装しました。

塗装作業が完了したフロントフェンダーを元通り車体に組み付けた後で、フェンダーの取り付けボルト部分をオリジナル感を再現する様に塗装します。

フロントドアパネル他取り外していた部品を元通り組み付け、室内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをしてフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの板金塗装 修理は完了です。

フロントフェンダーとフロントドアの隙間も正常になり、プレスラインのずれも無く何事もなかったかのように綺麗に修理ができました。

今回のフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの修理費用は、部品代が49,572円と作業工賃が375,840円の合計425,412円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランを大切にお乗りください。

関連記事

フォルクスワーゲン カラベル 板金塗装 修理 事例(保険修理)

東京都港区にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン カラベルの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はゴルフ場に向かおうと早朝にご自宅を出発したそうです。 …
続きを読む

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 板金塗装 修理 事例

神奈川県平塚市にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 奥様が運転中に誤って縁石に乗り上げてしまい、フォ…
続きを読む

フォルクスワーゲン ゴルフR 板金塗装 修理 事例

東京都練馬区にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフRの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 ご自宅の駐車場でフォルクスワーゲン ゴルフRの右ロッカーパネル…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図