フォルクスワーゲン カラベル 板金塗装 修理 事例(保険修理) | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

フォルクスワーゲン カラベル 板金塗装 修理 事例(保険修理)




東京都港区にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン カラベルの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はゴルフ場に向かおうと早朝にご自宅を出発したそうです。
出発後間もなく赤信号で信号待ちをしていた際にうっかりウトウトしてしまい、ブレーキペダルを踏んでいた足が緩み車がゆっくり進み始めてしまい、右方向から来た車と接触してしまったそうです。
フォルクスワーゲン カラベルの右フロント部分が破損し、フロントフェンダーは運転席ドアに当たってしまう程後退し、ボンネットの先端も傷付いてしまいました。
修理費用はかなり高額になる事が予想されますので、ご加入の車両保険を利用して修理する事になり、お車をお預かりしました。

保険会社のアジャスターによる立会い(損傷状態の実車確認)が終わると、フォルクスワーゲン カラベルのバンパーやヘッドライト等を取り外し、分解しないと分からない内部の損傷を確認します。
今回のフォルクスワーゲン カラベルの作業方針は、フロントバンパーと右フロントフェンダーの交換塗装、右ヘッドライト・フォグランプ・ラジエターグリルとロックキャリア、右フロントのサスペンション廻り部品とタイヤ・ホイール、サスペンションメンバーとステアリングギヤボックスの交換、ボンネットの修理塗装とフェンダーエプロンとクロスメンバーの修正、板金塗装と言う内容になります。
まずは作業に必要な部品を注文するのですが、実はこのフォルクスワーゲン カラベルは日本に正規輸入されていない車種で、必要な部品のほとんどが本国ドイツからの入手となってしまいました。

部品点数もさることながら部品のサイズも大きい為、航空便での輸送ができず船便での輸送となり約4か月程掛かり全ての部品が揃いました。
これから本格的に作業の着手となります。

まずは内板骨格部分のフロントフェンダーエプロンを引き出して修正します。

フェンダーエプロンの先端を切開し、フロントクロスメンバーの右端を板金修理します。

切開したフロントフェンダーエプロンの先端部分は、変形がとても大きかったのですが丁寧に形を整えました。

フロントフェンダーエプロンの先端部分を元通りに溶接し直します。

ここで、新品のロックキャリアとフロントフェンダーを仮付けし、立付けやパネル間の隙間を確認・調整しておきます。


フェンダーエプロンとクロスメンバーの切開板金した部分の裏表の両面にパテを付けて綺麗に成形します。


パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装します。


修正板金した内板骨格部分を塗装します。
この部分は、最終的に部品を元通り組み付けてしまえばほぼ見えなくなるような場所ですが、オリジナルの色や艶の塗装感を再現できる様丁寧に仕上げます。
板金作業も含めこの様な部分を雑に仕上げてしまうと、後々お車を下取りに出す際の査定に大きな影響を及ぼしてしまう事になりかねません。

ほんの僅かな接触痕のあったボンネット先端の傷は、サンダーで削り落しプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

新品のフロントフェンダーの裏側を塗装します。
色をしっかり塗る部分とそうでない部分があるのは、オリジナルの塗装感を再現する為です。



ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がフォルクスワーゲン カラベルの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。


塗装作業が完了したフォルクスワーゲン カラベルをリフトアップして、サスペンション廻りの部品とサスペンションメンバー・ステアリングギヤボックスを交換します。

塗装が完了した各パネルを元通り組み付け、サスペンション部品の交換にともなうアライメントの狂いを4輪アライメントテスターにて調整し、洗車・最終仕上げ磨きをしてフォルクスワーゲン カラベルの板金塗装修理は完了です。

今回のフォルクスワーゲン カラベルの保険会社との協定修理費用は、部品代が1,930,651円と作業工賃が709,776円の合計2,640,427円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、フォルクスワーゲン カラベルの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったフォルクスワーゲン カラベルを大切にお乗りください。

関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 板金塗装 修理 事例

東京都町田市にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様によると、ご自宅の駐車場で横に置いてあったお…
続きを読む

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 板金塗装 修理 事例

神奈川県平塚市にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 奥様が運転中に誤って縁石に乗り上げてしまい、フォ…
続きを読む

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 板金塗装 修理 事例

川崎市にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お出掛け先の駐車場で低いポールに気付かずに、フォルクスワー…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図