トヨタ ランドクルーザープラド 板金塗装 修理 事例


川崎市高津区にお住いのお客様より、トヨタ ランドクルーザープラドの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お車で出掛けようとした際に、トヨタ ランドクルーザープラドのフロントバンパーやフロントフェンダーに傷やへこみがある事に気付いたそうです。
ご自分でぶつけてしまった様な記憶は無いそうで、恐らくどこかで当て逃げされてしまったようです。
車両保険を使う程の高額な修理費用にはならないので、自費での修理を希望されお車をお預かりしました。

まずはフロントバンパーを取り外して右フロントフェンダーのへこみを、表側から引き出したり裏側から叩き出したりを繰り返して丁寧に板金修理します。

板金作業だけでも十分綺麗に元通りの面に修復出来たように見えますが、僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

取り外したフロントバンパー右角の傷は、サンダーで削り落とし平滑に整えます。
傷そのものはさほど深くはなかったので、パテや接着剤を使わずに修復出来ました。
塗装の際のマスキングの妨げになるフォグランプは取り外しておきます。


フロントフェンダーのパテを付けた部分とフロントバンパーの傷を削り落とした部分それぞれを覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させ、その後サンドペーパーで丁寧に研ぎ上げ、塗装ブースでの本塗装に移ります。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がトヨタ ランドクルーザープラドの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回は自費修理で費用を抑えたいとのご要望なので、ヘッドライトは取付のネジを外して少しずらす事で隙間を作る事が出来たので、上手くマスキング処理して対応する事が出来ました。

フロントバンパーは自費修理で費用を抑える為に右側半分位までの部分塗装の方法で塗装しました。

塗装作業が完了後、取り外した部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてトヨタ ランドクルーザープラドの板金塗装 修理は完了です。

今回のトヨタ ランドクルーザープラドの修理費用は、作業工賃が81,000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、トヨタ ランドクルーザープラドの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったトヨタ ランドクルーザープラドを大切にお乗りください。

スバル レガシィ 車両保険を使った板金塗装 修理事例

14101802legacy-01

川崎市高津区にお住いのお客様より、スバル レガシィツーリングワゴンの板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介いたします。
細い道を走行中対向の駐車車両を避けようと左側に寄った際、電柱に取付けられた看板にスバル レガシィツーリングワゴンの左リアドアより後方を接触させてしまいました。
お客様は新車購入からまだ1年しか経っていない為、車両保険を使い完璧な修理をしてほしいとご要望されました。

14101802legacy-02

損傷範囲は左リアドアからクォーターパネル・リアバンパーやバンパーロアスポイラーにまで及んでおり、左リアホイールにも傷が付いておりました。
作業方針は大まかにリアドアパネルの取替塗装、クォーターパネルの鈑金塗装、リアバンパーの修理塗装そしてアルミホイールの取替となりました。

14101802legacy-03

14101802legacy-04

先ず新品のリアドアパネルを車体に取付け、立付けの確認をいたします。
新品部品でも多少表面を削って修正する必要がある場合もございますが、今回はほぼ無修正で済みました。

14101802legacy-05

新品のドアパネルに合わせクォーターパネルの凹みを引き出し、オリジナルのプレスラインも板金作業で復元いたします。

14101802legacy-06

板金修理部分をパテで成形し表面を整えます。
この時点で塗装作業の妨げになるステップカバーやバンパー等の部品を取り外しておきます。

14101802legacy-07

クォーターパネルとリアバンパー左角の修理部分にプライマーサフェーサーを塗装し細かな凹凸をシールします。

14101802legacy-08

14101802legacy-09

新品のリアドアパネルは先に裏側を塗装いたします。(我々は裏吹きと呼んでいます。)
全体にバッチリ塗装してしまう訳ではなく、元々付いていたパネルの塗装状態を見比べながら中央部分には軽く塗装が飛ぶ程度に抑えて塗装しました。
裏側で内装トリムを付けてしまえば見えなくなる部分ですが、こんな所も細かく再現するのがインターパシフィックのこだわりポイントの1つになります。

14101802legacy-10

クォーターパネルから繋がるロックピラー部分を先に塗装します。
ボディカラーが3コートのホワイトパールの為、他のソリッドカラーやメタリック・2コートパールに比べ塗装が1工程多くなるので塗装範囲も少し広めにする必要がございます。

14101802legacy-11

裏吹きしたドアパネルを車体に取付け、ボディとバンパーの表面を平滑に研ぎ上げ塗装ブース内でマスキングを施します。
今回フロントドアには事故による損傷はありませんが、リアドアを交換する事により色合せの為の塗装をする必要がございます。
特にこの3コートホワイトパールの場合、元の色を100%再現するのは困難な為、この作業は必須になります。

14101802legacy-12

14101802legacy-13

塵やホコリをシャットアウトした塗装ブース内で、スバルレガシィツーリングワゴンのオリジナルの肌や質感を再現すべく熟練のスタッフが塗装いたします。

14101802legacy-14

14101802legacy-15

14101802legacy-16

傷付いたホイールは新品ホイールに組替えます。
バンパーロアスポイラーも色付きで供給される部品にて交換いたしました。

14101802legacy-17

取り外していた部品を組み付け、各部作動チェック等点検をし修理完了になります。
お客様は新車購入時にボディガラスコーティングを施工しており、施工証明書も保管されておりましたので、車両保険で修理部位のボディガラスコーティングの再施工もする事ができました。

14101802legacy-18

保険会社との修理協定額は部品代237.935円、工賃316.191円で合計554.126円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにスバル レガシィツーリングワゴンの板金塗装修理をご依頼いただき、誠にありがとうございました。
元通り綺麗になったスバルレガシィツーリングワゴンを大切にお乗りください。

日産スカイライン GT-R(NISSAN) 板金塗装

スカイラインGT-R-20100223

スカイライン GT-Rの板金塗装 修理をご紹介いたします。
外出先で駐車場から出る際、出っ張っていたブロックに気付かず、こすってしまい、左リアフェンダーとステップカバーに損傷を負ってしまいました。
お客様は今回自費で修理されるとのことでしたが、とにかくキレイに仕上げてほしいとのご要望でした。

スカイラインGT-R-20100223

修理内容:

リアフェンダーはできる限り元の状態に戻すため、丹念に鉄板を引き出し、板金します。

スカイラインGT-R-20100223

パテ痩せを起こしにくい上質なパテを付け、充分に乾燥・硬化させます。

スカイラインGT-R-20100223

熟練した板金職人の手の感覚を頼りにパテを研ぎ、元通りの形にします。

スカイラインGT-R-20100223

溶剤でしっかり脱脂した後、サフェーサーを塗装します。充分な加熱乾燥と冷却の後、今度は熟練した塗装職人の繊細な手の感覚を頼りに水研ぎを行い仕上げます。

スカイラインGT-R-20100223

ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中で、スカイライン GT-Rのオリジナルな塗装の肌艶に合わせ、塗装の塗りこみを行います。
マスキングの痕を残さないため、クォーターウインドウガラスは脱着しました。また、色の差異が一切出ぬよう、ドアパネルのボカシ塗装も行いました。
ステップカバーはキズと変形が酷いため、色付きの新品に交換しました。

スカイラインGT-R-20100223

まるで何事もなかったかのように、スカイライン GT-Rのヘコミや傷はすっかりきれいに直りました。

スカイラインGT-R-20100223

修理結果:

今回の修理金額は、工賃が151,851円、部品代が58,149円で、合計210,000円(税込)となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は10,500円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびはインターパシフィックにスカイライン GT-Rの板金塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

フォルクスワーゲン (VW) ビートル 板金塗装

VWビートル-20091019

フォルクスワーゲン (VW) ビートル 板金塗装 修理です。

フォルクスワーゲン ビートルの右リアフェンダーをこすって、傷付けてしまいました。自費なのでキレイに、でもなるべく安く修理してほしいと言うお客様の御要望にお応えするため、今回は部分塗装で修理することにしました。

VWビートル-20091019

修理内容:

ダブルアクションサンダーを用いて、傷を研ぎ落とします。

VWビートル-20091019

プライマーサフェーサーを塗装し、充分に加熱乾燥させます。その後に水研ぎで仕上げ、塗装作業に備えます。

VWビートル-20091019

塗装ブースの中で熟練の塗装職人が細心の注意を払い、フォルクスワーゲン ビートルのリアフェンダーを元通りにします。

VWビートル-20091019

修理結果:

何事も無かったかのように、ビートルは綺麗に仕上がりました。
修理金額は税込28,980円となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は1,000円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびは神奈川県 川崎市よりご来店頂き、インターパシフィックにフォルクスワーゲン ビートルの板金塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

ボルボ V50(VOLVO) 板金塗装

ボルボV50-20090801

ボルボ V50(VOLVO) 板金塗装 修理です。

新車で購入してから1ヶ月しか経っていないのに、ボルボのフロントバンパーを当て逃げされてしまいました。
バンパーの左側が擦れて傷ついており、端は樹脂がえぐれています。またリップスポイラーにも傷が付いています。お客様は今回自費でボルボを修理されたいとのことでしたので、経済的なバンパーの部分塗装での修理をご提案させていただきました。

ボルボV50-20090801

修理内容:

当初はバンパーとリップスポイラーを脱着する必要があるかと思っていましたが、今回は脱着しなくてもそのままの状態で綺麗に修理ができそうです。先ずはダブルアクションサンダーというエアー工具を使い、ボルボのバンパーに付いた傷を丁寧に削り落します。バンパーのひずみも加熱して修正します。

ボルボV50-20090801

しっかり脱脂をしてから2液硬化型のサフェーサーを塗装します。加熱乾燥により、充分硬化させてから水研ぎで仕上げます。

ボルボV50-20090801

ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中で、熟練の職人が塗装作業を行います。

ボルボV50-20090801

部分塗装とは言え、目を凝らして見ても修理の痕跡はまったくわかりません。すっかり元通りになりました。

ボルボV50-20090801

修理結果:

ボルボ V50のバンパー修理 塗装費用は税込44,100円となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は2,000円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびは神奈川県 川崎市よりご来店頂き、弊社にボルボのバンパーの修理をご依頼くださり誠にありがとうございました。

BMW 325i ツーリング 板金塗装

BMW325i-20080509

BMW 325i ツーリング 板金塗装 修理です。

損傷状況:

コンビニの駐車場でバックした際、リアバンパーの右下をポールにぶつけてしまいました。塗装が剥がれ、バンパーの角が少しへこんでしまいました。

BMW325i-20080509

BMW325i-20080509

修理内容:

バンパーの角がへこんでいるため、加熱して裏側から修正する必要があるのでバンパーを取り外します。バンパーを外すにはテールランプも脱着しなくてはなりません。

BMW325i-20080509

バンパーは加熱修正してから損傷部分を削り落として修理します。バンパー修理には基本的にパテは使いません。樹脂製バンパー用のパテもあるのですが密着も悪く、パテ痩せすることが多いのでなるべく使わずに修理します。

BMW325i-20080509

プライマーサフェーサーを塗装し、充分に加熱乾燥します。

BMW325i-20080509

今回は自費修理ということなので、修理費用を抑えるため部分塗装で対応しバンパーの半分位を塗装しました。

BMW325i-20080509

修理結果:

BMW 325i ツーリングの修理金額は税込み47,250円となりました。お客様は楽天会員とのことで、楽天スーパーポイントを希望されました。税込み修理代金100円につき5ポイント差し上げますので、2360ポイント獲得です。楽天市場や楽天トラベル等で2,360円分としてご利用になれます。

絶句!!格安板金塗装のひど過ぎる仕上がり

フォードフィエスタ-20071210

お車は今年新車で購入したばかりのフォード フィエスタです。
左リアフェンダーが直径3cm位へこんでしまったので、オーナーさんは格安板金塗装店に修理を依頼しました。料金は15,000円程だったそうです。信じられない激安価格です。そしてその仕上がりはと言うと、写真の通りです。
「何じゃコリャー!!」という酷い仕上がりです。

フォードフィエスタ-20071210

いったいどんな人が、どんなふうに作業するとこんなすごい仕上がりになるのでしょうか。

フォードフィエスタ-20071210

接写した写真です。まるで小さな子供が缶スプレーでイタズラしたみたいです。塗装する必要のないリアフェンダーのプロテクターモールやリアバンパーにまで塗料がたくさん付いていました。
あまりに衝撃的すぎて、オーナーさんはこの格安板金店に対し、やり直しを求める気にも、「僕の大切な車をどうしてくれるんだ!」と文句を言う気にもならなかったそうです。

そして、今回インターパシフィックにお問い合わせいただき、オーナー様はわざわざ千葉県からご来店くださいました。
「安かろう、悪かろう」ということを実感したオーナー様は予算はありつつもキチンと元通りに修理したいということで、ご用命いただきました。

フォードフィエスタ-20071210

塗装の出来栄えがこれだけ酷いということは、板金もどんなにいいかげんに作業されているかわかりませんので、一旦鉄板を出して板金を一からやり直しました。

フォードフィエスタ-20071210

インターパシフィックで使用するパテはヨーロッパ製の高級材料です。乾燥後に空研ぎで仕上げます。

フォードフィエスタ-20071210

サフェーサーというプライマーを塗装します。

フォードフィエスタ-20071210

サフェーサーを充分に加熱乾燥し、水研ぎで下処理を行います。
写真はマスキングを終え、塗装する直前の状態です。

フォードフィエスタ-20071210

塗装ブース内でゴミや埃をシャットアウトし、丁寧に塗装を行います。

フォードフィエスタ-20071210

リアフェンダーのプロテクターモールも塗装します。

フォードフィエスタ-20071210

修理代金は税込み63,000円となりました。塗料がべっとり付着していたバンパーは何とか磨きで対処できました。
お客様は楽天会員とのことで、楽天スーパーポイントを希望されました。税込み修理代金100円につき5ポイント差し上げますので、3,150ポイント獲得です。楽天市場や楽天トラベル等で3,150円分としてご利用になれます。

アルファロメオ 166(ALFA ROMEO) 板金塗装

アルファロメオ 166-20070718

アルファロメオ 166(ALFA ROMEO) 板金塗装 自動車修理事例です。

損傷状況:

バックした際、アルファロメオ 166の右後ろを街灯の支柱にかなり激しくぶつけてしまいました。
リヤバンパー、リヤアンダーカバーは交換が必要で、クオーターパネルは交換か、板金で直せるかが微妙な損傷状態です。テールランプは幸い無傷でした。

 

クオーターパネル(リヤフェンダー)はドアなどのようにボルトで取り付けられているのではなく、ボディーに直接溶接されています。したがって交換するとなると、エアーソーでパネルを切断し、新品のパネルを車体に溶接しなくてはなりません。
クオーターパネルを交換すると車の再販価値はかなり下がってしまいます。中古車の買取や下取りの査定では、事故歴車と見なされる場合があるからで、査定価格は大幅に減額されてしまいます。
例えば中古車販売業者が車を売買する中古車オークションでは出品車両を点数で評価します。その際、オークションの出品規定によっては、クオーターパネルを交換している車は修復歴車(事故歴車)と査定される場合もあり、そうなるとまともな値段では売れなくなってしまうのです。
そのためクオーターパネルに損傷を受けた車の修理に際しては、板金 修理で直るか否かを見極め、どうしても交換が必要な場合にはお客様に修理方法をキチンと説明をする必要があります。

アルファロメオ 166-20070718

修理内容:

今回のアルファロメオのクオーターパネルの損傷度合いはと言いますと、当社の板金スタッフにとっては、ギリギリセーフで板金 修理することができました。(かなり大掛かりで時間のかかる板金作業でしたが・・・)
トランクルーム内のトリムや補器類を取り外しパネルの内側から丹念に叩き出して面出しします。

アルファロメオ 166-20070718

板金パテで面を仕上げます。

アルファロメオ 166-20070718

サフェーサーという2液硬化型のプライマーを塗布します。

アルファロメオ 166-20070718

入念な調色とマスキングを行った後、塗装ブース内で塗装作業を行います。
ごみや埃が付かないように細心の注意をはらって作業します。

アルファロメオ 166-20070718

アルファロメオ 166-20070718

目に見えるクオーターパネルの表側だけでなく、トリムやカーペットなどで隠れてしまうパネルの裏側もキレイに塗装して仕上げます。
元々のパネルの内側の状態は、表面と同じ塗装状態ではなく、写真のように灰色のプライマーの上に薄っすら外装色の塗料がかかったようになっています。それをそのままの雰囲気に再現するのです。
インターパシフィックは隠れて見えなくなる箇所だからといって作業の手抜きや妥協はしません。

アルファロメオ 166-20070718

修理結果:

アルファロメオ 166の修理金額は税込みで部品代が105,102円、工賃が341,148円、合計446,250円となりました。
すっかり元通りに直ったお車を見て、お客様にはご満足していただけました。お客様は楽天会員とのことで楽天スーパーポイントを希望されました。税込み修理代金100円につき5ポイント差し上げますので、22,310ポイント獲得です。楽天市場や楽天トラベルで22,310円分としてご利用になれます。