第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

トヨタ マーク X (TOYOTA) 板金塗装

トヨタマークX-20081101

トヨタ マーク X (TOYOTA) 板金塗装 修理です。

損傷状況:

細い道路の曲がり角で2tトラックとぶつかり、右フロント部にダメージを受けてしまいました。フロントフェンダーがタイヤと緩衝し自走困難であったため、マークXはお客様が加入されている保険会社の手配で保険会社の提携工場にレッカー移動されました。
今回の事故はお客様にも過失があったため車両保険を使って修理することになりましたが、板金塗装工場は保険会社の提携工場ではなくご自身の意志で選びたいということで、弊社に修理のご用命をいただきました。お客様は千葉県市川市にお住まいで、お車も千葉県の工場に保管されているとのことでしたので、保険会社の提携工場さんからは仕事を横取りしてしまうみたいで少し心苦しいのですが積載車でお車を引き取りさせていただきました。

トヨタマークX-20081101

修理内容:

フロントバンパー、フロントフェンダー、ボンネット、ヘッドライトは交換が必要です。新品パネルを取り付け、建付け調整をおこないます。

トヨタマークX-20081101

フレームはフェンダーエプロンが若干ダメージを受けた程度でしたので、板金で修理しました。

トヨタマークX-20081101

塗装ブースの中で、丁寧に塗装を行います。塗料はベンツの塗装にも認定されているデュポンの塗料を使用しました。抜群の性能で、色も見事に再現できました。

トヨタマークX-20081101

塗装作業を二度に分けるため手間はかかるのですが、ボンネットは別に単体で塗装します。完璧な塗り肌を作るためです。

トヨタマークX-20081101

修理結果:

タイヤとホイールも傷ついてましたので新品に交換し、念のため四輪アライメント測定をおこない足回りに異常がないことを確認いたしました。
保険会社との協定修理金額は税込で部品代が293,118円、工賃が207,911円で合計501,029円となりました。

eneos5000

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。保険修理もプレゼント対象となりますので、今回の修理代金ですと、なんと25,000円分のENEOSプリカをプレゼントということになります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびはインターパシフィックにご用命くださり誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

  1. ichikawa_lovers より:

    千村社長、皆様、このたびは大変お世話になりました。

    事故の相手方はもちろんですが、無残な姿をさらしている愛車をなんとかしたいと思ったとき、以前親しくお話をうかがった社長ほか皆さんのお顔が浮かびました。
    しかし、事故は川崎からはるかかなた。無理を承知でお願いしたところ、何と当日積載車を急派、あっという間に引き上げて頂けました。

    お預けしたあとは、「大船に乗った」気持ちでお任せしっぱなし。事故当事者の方とも後顧の憂いなく、誠意をもってお話することができました。

    出来上がりは予想通りの大満足。その後別件の不具合(フューエルリッド)でディーラーへ行ったのですが、メカニックからは「きれいに乗っていらっしゃいますね」!!

    事故は起こしたくないもの。でも、万一のことがあれば、また皆様のお顔を拝見することになるでしょう。

    本当にお世話になりました。

    • 事故で大変な時に私の顔を思い出していただき光栄です(笑)。
      それにしましてもお怪我がなく何よりでした。
      お客様にとっては起きてほしくない出来事が起きないと,
      お会いする機会が少ない商売というのも寂しいものです。
      万一のことが無くても、川崎方面にお越しの際はぜひお立ち寄りください。またいろいろお話しましょう。
      鈑金匠ネットより近々ENEOSプリカ25000円分配達されると思いますのでお待ち下さい。
      このたびはご用命誠にありがとうございました。

このページの先頭へ