第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

フィアット パンダ 板金塗装 修理事例

20140603fiat-2フィアット パンダのロッカーパネル板金塗装 修理事例をご紹介します。

狭い道に入ってしまい、うっかり縁石に乗り上げ、左側のロッカーパネルをへこませてしまいました。

保険は使わず自費できれいに直して欲しいとのご要望でお車をお預かりしました。

ロッカーパネルはドアやボンネットなどのようにボルトで固定されているパネルではなく車の骨格の一部ですので、丁寧に板金作業を行い、修理の痕跡が残らないような配慮が必要です。

20140603fiat-3ロッカーパネルはとても硬い部分なのですが、引出し板金で極力元の鉄板の面に仕上げていきます。

20140603fiat-4面出しが済むと、パテを付け充分硬化させてから、研いでわずかな凹凸や歪を取り除きます。

20140603fiat-5板金した部位をシールするため、ロッカーパネルにプライマーサフェーサーを塗装します。

赤外線ヒーターを使って塗膜を加熱乾燥させ、硬化したら平滑に研いで仕上げます。

20140603fiat-6フィアット パンダのロッカーパネルは元々表面がぶつぶつしているのですが、これはチッピングコートが塗布されているからです。
オリジナル同様な肌の感じにチッピングコートを吹付けます。

20140603fiat-7車を塗装ブースに移動させ、ロッカーパネルの内側部分を先に塗装します。

20140603fiat-8ゴミやほこりが付着しないように細心の注意を払い、輸入車の塗装に熟練した塗装職人がフィアット パンダのロッカーパネルをオリジナルな肌に再現させます。

20140603fiat-9何事も無かったかのようにフィアット パンダのロッカーパネルは元通りになりました。

20140603fiat-1修理代は税込123,120円となりました。
このたびはインターパシフィックにフィアット パンダの板金塗装修理をご依頼くださり、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ