フィアット パンダ 板金塗装 修理事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

2014/6/4

フィアット パンダ 板金塗装 修理事例

20140603fiat-2フィアット パンダのロッカーパネル板金塗装 修理事例をご紹介します。

狭い道に入ってしまい、うっかり縁石に乗り上げ、左側のロッカーパネルをへこませてしまいました。

保険は使わず自費できれいに直して欲しいとのご要望でお車をお預かりしました。

ロッカーパネルはドアやボンネットなどのようにボルトで固定されているパネルではなく車の骨格の一部ですので、丁寧に板金作業を行い、修理の痕跡が残らないような配慮が必要です。

20140603fiat-3ロッカーパネルはとても硬い部分なのですが、引出し板金で極力元の鉄板の面に仕上げていきます。

20140603fiat-4面出しが済むと、パテを付け充分硬化させてから、研いでわずかな凹凸や歪を取り除きます。

20140603fiat-5板金した部位をシールするため、ロッカーパネルにプライマーサフェーサーを塗装します。

赤外線ヒーターを使って塗膜を加熱乾燥させ、硬化したら平滑に研いで仕上げます。

20140603fiat-6フィアット パンダのロッカーパネルは元々表面がぶつぶつしているのですが、これはチッピングコートが塗布されているからです。
オリジナル同様な肌の感じにチッピングコートを吹付けます。

20140603fiat-7車を塗装ブースに移動させ、ロッカーパネルの内側部分を先に塗装します。

20140603fiat-8ゴミやほこりが付着しないように細心の注意を払い、輸入車の塗装に熟練した塗装職人がフィアット パンダのロッカーパネルをオリジナルな肌に再現させます。

20140603fiat-9何事も無かったかのようにフィアット パンダのロッカーパネルは元通りになりました。

20140603fiat-1修理代は税込123,120円となりました。
このたびはインターパシフィックにフィアット パンダの板金塗装修理をご依頼くださり、誠にありがとうございました。

関連記事

フィアット アバルト500 板金塗装 修理事例

2013/8/10
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図