第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

アルファロメオ 159(ALFAROMEO) 板金塗装

アルファロメオ159-20100712

アルファロメオ 159(ALFAROMEO) 板金塗装 修理です。

■損傷状況・原因

オーナー様の奥様がスーパーの屋上駐車場でバックで車を駐車しようとしてコンクリートの柱にぶつけてしまったそうです。
リアバンパーの右側がかなりえぐれています。変形したバンパーが緩衝して、リアフェンダーも傷付いています。

■修理方針

オーナー様は車両保険に加入されておりましたので、今回は保険を使って修理をさせていただくことになりました。

アルファロメオ159-20100712

■修理内容

リアバンパーは傷がかなり深く、変形も見受けられるので、新品に交換することにしました。
アルファロメオの修理をご用命頂く上で、一つオーナー様からお願い事を頼まれました。
それは、リアバンパーのナンバープレートの左右に、本国向けのナンバープレート装着用の凹みが数か所あるのですが、その凹みを埋めて平らにしてもらえないかというものでした。
そのぐらいはサービスで作業させて頂きましょうということでお引き受けしました。

アルファロメオ159-20100712

表側から見て凹んでいるということは、当然裏側から見ると凸っています。
この凸をヒーターで加熱し、裏側から押し出します。表側に出っ張る位に押し出しておいて、サンダーで削って平らにします。

パテを使って凹みを埋めると、後々「パテ痩せ」がおきる恐れがあるため、今回のようにパテを使わず平らにできると時間が経過しても塗装面がキレイです。

アルファロメオ159-20100712

サンダーで研削下部分にはサフェーサーを塗装します。

アルファロメオ159-20100712

リアフェンダーの塗装を研ぎ込んで、下処理を行います。

アルファロメオ159-20100712

ルーフサイドモールも取り外し、ルーフサイドからフロントピラーまで研ぎ込みます。
クリア塗料のボカシ塗装を避けるため、パネルのつながっている部分は全て塗装します。

アルファロメオ159-20100712

塗装ブースの中で、ゴミやホコリが付かぬよう、慎重に塗装作業を行います。アルファロメオ本来の塗装の風合いを忠実に再現します。

アルファロメオ159-20100712

アルファロメオ159-20100712

■修理結果

保険会社との修理協定金額は税込み275,048円(部品99,550円、工賃162,400円)となりました。

インターパシフィックは鈑金匠ネットに加盟しており、お客様は鈑金匠ネットのユーザー還元サービスである楽天スーパーポイントを希望されました。修理代100円につき5ポイントの付与となりますので、今回は13,750ポイントのプレゼントとなりました。楽天市場や楽天トラベルで13,750円分としてご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックのアルファロメオ 159の修理をご用命くださり、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ