フォルクスワーゲン ゴルフ 対物保険修理 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

フォルクスワーゲン ゴルフ 対物保険修理


東京都練馬区にお住まいのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフの保険修理を依頼されましたので、修理事例をご紹介致します。
出勤途中に交差点の出会い頭の事故に巻き込まれてしまい、右サイドに大きな損傷を負ってしまいました。

フロントドアの下部とロッカーパネルが酷いダメージです。

フォルクスワーゲン ゴルフのオーナー様が事故当時の状況を撮影しており、画像を提供して下さいました。

事故の発生原因としましては、信号が黄色になったのでオーナー様が減速、停止しようとしたところ、反対側から直進して既に交差点に進入していた青い小型車に、右側から信号無視で交差点に進入してきた右写真のシルバーの中型車が衝突したそうです。

青い小型車は交差点角の学校の塀に乗り上げ敷地に飛び込み、信号無視して突っ込んできたシルバーの車は衝突してゴルフの方に向きを変え、運転席右側ドアに衝突してきました。

フォルクスワーゲン ゴルフのダメージは相当なものでしたが、オーナー様にお怪我は無かったようで、それが何よりでした。

今回は当然ながらシルバーの車の100%過失ということで対物保険で修理させて頂くことになりました。

このフォルクスワーゲンゴルフは新車で購入時に当社でボディーコーティングを施工させて頂いており、オーナー様からはとにかく徹底的に綺麗に修理してくださいと強く要望されており、ご期待に添うよう頑張らせていただきましたので、以下その修理内容をご紹介します。

【修理内容】

ドアを開けるとご覧の通り、ロッカーパネルとセンターピラーは酷く潰れています。

こうなりますと板金で修理するというレベルではないので、ダメージの酷い部位を交換せざるを得ません。

フレームそのものに狂いが生じる程の損傷ではありませんが、先ずは強い衝撃で潰れたセンターピラーとロッカーパネルを元位置まで引き戻す必要があります。

そのため、セレットベンチというジグ式のフレーム修正機にフォルクスワーゲン ゴルフをセットし、しっかり固定します。

フォルクスワーゲン ゴルフ専用のジグで車体をしっかり固定します。

強い力で引き作業を行いますので、必要な部位以外に力が加わらないようにするために固定します。

10tのパワーがあるプリングユニットで引っ張ります。

いろいろな角度から引きます。

ロッカーパネルは袋状になっていて、インナーパネルにもダメージがありましたので、先に板金で修理しておきます。

板金がすむとサフェーサーを塗布し、その後塗装します。

ダメージのあるセンターピラー下部とロッカーパネルを取り替えるためのA/Bピラーサブパートという名称の部品です。

今回のケースでは白線で示した2箇所をカットして溶接します。

供給された部品の通りに取り替えてしまうと、修理範囲が大きくなってしまいます。

骨格部位にダメージが波及した車を修理する場合、特に骨格部位は作業範囲を必要最小限に抑えて修理することが何より大切です。

理由は、なるべく大きな修復に見せないためです!

溶接の前に仮付けし、新品のドアパネルを取付け、全体の建付けを調整します。

建付け調整が終わるといよいよ溶接です。

溶接部をきれいに研削し、接合部分をパテで仕上げます。

サフェーサーを塗装し、充分に硬化させます。

ダメージが小さかったリアドアは板金で修理します。

新品に交換するフロントドアの裏面を塗装します。

後にトリムが付いて見えなくなる中側もフォルクスワーゲン ゴルフのオリジナルに忠実に仕上げます。

ピラーの室内側を塗装します。

ロッカーパネルにチッピングコートを塗布します。

表面の凹凸の具合が反対側と同じになるように慎重に作業します。

前後ドアを取り外した状態で側面を一気に塗装します。

塗装ブースの中でゴミやホコリが付着しないように細心の注意を払って塗装します。

前後ドアは単体で塗装します。

フォルクスワーゲン ゴルフオリジナルの塗装肌を再現するため、塗料を吹き付けるスプレー圧やスプレーガンを動かす速度などに注意を払い、熟練の塗装スタッフが作業にあたります。

センターピラーに取り付くヒンジの位置を合わせ、取付ボルトと一緒に塗装します。

こうすることで、ドアを交換したり、脱着した痕跡が無くなります。

フォルクスワーゲン ゴルフの修理完成です。

室内清掃、洗車を済ませ、ボディーコーティングの再施工を行います。

保険会社との修理協定金額は税込1,001,516円(部品代330,356円、工賃671,160円)となりました。

オーナー様には大変な災難でしたが、修理に関しましては最善の方法で作業させていただきました。

元通りになったフォルクスワーゲン ゴルフをこれからも大切にお乗りください。

このたびはインターパシフィックにお車の修理をご用命頂き、ありがとうございました。

お客様からのコメント

  1. インターパシフィック
    千村社長 様

    この度の事故修理では代車の手配から保険会社との調整まで大変お世話になりありがとうございました。

    前車の時から貴社にはコーティング等でお世話になっておりましたが、まさか自分の車がこのような事故修理でお世話になるとは思ってもいませんでした。

    今回、事故に巻き込まれましたが、未だ新しい車で事故の影響を絶対に残したくなかったので、今までのお付き合いで作業の丁寧さを実感していた貴社に修理をお願いしました。

    期待にたがわず細かな所まできっちり修理して頂いたおかげで何事もなかったように完璧に治っています。本当にありがとうございました。

    こういう形ではもうお世話にならないようにしたいですが、キチンと治して頂けるショップを知っていると心強いですね。

    またもしも・・・
    の時にはよろしくお願いします。

    • A・K様

      このたびは弊社にお車の修理をご用命くださり、誠にありがとうございました。
      今回の事故は避けようもなく、本当に災難でしたね。ただお怪我が無かったのが何よりでした。

      新車で購入して一年にも満たないお車にもかかわらずピラーにまでダメージを負う事故となってしまいましたが、修理に関しましては最善の方法で入念に作業させていただきましたので、どうぞ安心して大切にお乗りください。

      事故修理以外でもお車に関することで何かございましたら、何なりとお気軽にご相談ください。

      インターパシフィック・千村尚紀

関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 板金塗装 修理 事例

川崎市にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お出掛け先の駐車場で低いポールに気付かずに、フォルクスワー…
続きを読む

フォルクスワーゲン ゴルフR 板金塗装 修理 事例

東京都練馬区にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ゴルフRの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 ご自宅の駐車場でフォルクスワーゲン ゴルフRの右ロッカーパネル…
続きを読む

フォルクスワーゲン ポロ 板金塗装 修理 事例

東京都大田区にお住いのお客様より、フォルクスワーゲン ポロの修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 狭い道で方向転換しようとバックした際に、フォルクスワーゲン ポロの右ク…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図