レクサス RC300h 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

レクサス RC300h 板金塗装 修理 事例



東京都世田谷区にお住いのお客様より、レクサス RC300hのリアバンパーの修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はご自宅マンションでの車庫入れの際に、パーキングセンサーの電源をOFFにしていた事をすっかり忘れてしまい、バックでゴミ集積所の壁にレクサス RC300hのリアバンパーの右側面を擦ってしまったそうです。
当初、ディーラーや他の修理工場にお見積りを依頼してみたそうですが、ディーラーでは色付きバンパーでの交換と言われ、他の工場では色が再現できないと言われてしまったそうで、インターネットで当社を見つけメールにてお問い合わせをいただきました。
メールの写真からだけでは修理の可否を正確に判断できない場合もありますが、バンパーの右端に若干の変形が見受けられましたが修理可能であれば〇〇円位のお見積りになると概算でのお見積りをお出ししたところ、後日ご来店され実車を拝見し十分修理可能との判断となり、自費修理としてお車をお預かりしました。

今回のレクサス RC300hの作業方針は、リアバンパーを車体から取り外して右端部分の変形を加熱修正し、その他の傷も含めリアバンパー右側の部分塗装と言う作業内容になります。
取り外したリアバンパーの右端部分を赤外線ヒーターで温め、少し柔らかくなったところで表裏両面から変形が出来るだけ平らになる様に押し戻し(加熱修正)、表面をサンダーで削ります。
加熱修正だけでは戻り切らない僅かに残る凹凸は、樹脂用のパテを付けて対処します。

リアバンパー右角のパーキングセンサー周辺は表面上の傷だけだったので、サンダーで平らに削るだけで済ませます。

隣接する車線の後方からの接近車両を検知し車線変更時に注意喚起してくれるブラインドスポットモニター(BSM)は最近多くの車に装備されておりますが、このBSMのセンサー周辺に損傷がある場合には修理方法に注意が必要になります。
BSMのセンサーは車両の後方左右テールランプの下辺りのバンパー内部に装着されていることが多いと思いますが、このセンサーの反応範囲に損傷がある様な場合に、今回のレクサス RC300hの様な表面上の傷だけで削り落す程度の処理であれば問題無いのですが、この部分に変形や割れがありパテや接着剤を付けるとなるとセンサーが正常に作動しなくなる恐れがある為、リアバンパーの交換を余儀なくされてしまいます。

リアバンパー右端のパテを平滑に削り(この位置であればパテを使用しても問題ありません)、変形及び傷修理の工程は完了です。

修理部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかり修理部分をシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がレクサス RC300hの塗装肌や質感を再現すべく部分塗装の方法で丁寧に塗装します。
今回のレクサス RC300hのボディ色はヒートブルーコントラストレイヤリング(カラー番号8X1)と言い、キャンディカラーとも呼ばれる特殊色(キャンディカラーの説明はこちらの修理事例をご参照ください)で色合わせの難易度が高い色になります。
他の修理工場で色が再現できないと言われてしまったのも頷けますが、当社ではこの様な難易度の高い特殊色のお車も数多くの修理実績があり対応可能です。


塗装作業完了後、元通りリアバンパーを車体に組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてレクサス RC300hのリアバンパー修理塗装は完了です。

今回のレクサス RC300hの修理費用は、作業工賃が52,327円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにレクサス RC300hのリアバンパー修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったレクサス RC300hを大切にお乗りください。

関連記事

レクサス UX 板金塗装 修理 事例

東京都世田谷区にお住いのお客様より、レクサス UXの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様によると、お子様の運転でスーパーにお買い物に出掛けた際に駐車場の一番…
続きを読む

レクサス IS250 板金塗装 修理 事例

川崎市麻生区にお住いのお客様より、レクサス IS250の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はショッピングセンターの駐車場から出る際に、大きな柱のコンクリート…
続きを読む

レクサス IS300h 板金塗装 修理 事例

東京都世田谷区にお住いのお客様より、レクサス IS300hの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は幹線道路から細い路地へ左折する際に、その路地から来た対向車を避…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図