トヨタ MR2 (TOYOTA) 板金塗装 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

トヨタ MR2 (TOYOTA) 板金塗装

トヨタ MR2 (TOYOTA) の板金塗装 自動車修理事例です。

損傷状況:

世の中には酷いことを平気でする輩がいるものです。
トヨタMR2のオーナーさんは、休日ドライブに出かけ、途中20~30分路上駐車している間に、ボディー全体にこれでもかと言うほど、線キズをつけられてしまいました。
とても大事にしているお車なので、とにかくキレイに仕上げて欲しいということで、修理のご依頼をいただきました。
お客様は幸い車両保険をかけており、保険会社の調査の結果、支払いできるということになり、免責もゼロでしたのでお客様の金銭的ご負担無しで修理できることになりました。

今回の修理事例は保険で修理する、手間暇を惜しまない極上の全塗装の作業工程をご紹介します。一口に全塗装、オールペンといっても作業方法によって仕上がりはもちろん修理金額もまったく異なるということがおわかりいただける修理事例です。

トヨタ MR2-20070512

修理内容:

線キズはボディーの全部につけられており、ガリガリに傷つけられています。

トヨタ MR2-20070512

トヨタ MR2-20070512

トヨタ MR2-20070512

ドアミラーも傷だらけです。

トヨタ MR2-20070512

テールランプまで×印をつけられています。

トヨタ MR2-20070512

ボディーの外装部品をすべて取り外します。バンパー、フロントガラスのモール、ドアハンドル、リヤサイドガラスなどを取り外し、塗装のマスキング痕を残さないようにするのです。

トヨタ MR2-20070512

ダブルアクションサンダーというエアー工具を使い、旧塗膜と傷を削り落とします。手間を惜しんで傷を完全に削り落とさず、パテ埋めで仕上げてしまうと、後々傷のとおりにパテやせしてしまいます。

トヨタ MR2-20070512

サフェーサーを塗装する直前の写真です。パテは一切使わず、研ぎでここまで仕上げます。

トヨタ MR2-20070512

サフェーサーの塗装も塗装ブース内でごみ、埃をシャットアウトして行います。
そして充分に加熱乾燥します。

トヨタ MR2-20070512

バンパーやドアミラーなどのパーツや小物も丁寧に傷を削り落とし、塗装ブースでサフェーサーを塗装します。すごい部品の数です。

トヨタ MR2-20070512

ボディーを丹念に水研ぎします。サフェーサーの塗膜の範囲内で、目視ではわからない小さなひずみや凸凹を素手の感触だけで、研ぎ落としていきます。水研ぎのペーパーも粒子の粗いものから細かい物へと番手を上げて塗装の下処理を行います。パーツも同様に下処理します。

トヨタ MR2-20070512

いよいよボディーを塗装します。塗装職人の腕、最新の塗装設備はもちろんのこと、妥協せずどれだけ丁寧にしっかりと下地処理を施したかどうかが仕上がりにすべて表れます。

トヨタ MR2-20070512

トヨタ MR2-20070512

全塗装の場合パーツの塗装は数が多いので、ボディーの塗装以上に時間がかかります。

トヨタ MR2-20070512

ベンツやポルシェ、BMWなどの輸入車に使用する外資系の塗料で仕上げましたので、
艶も質感もすばらしい出来栄えとなりました。
お客様はボディーコーティングを以前施工したそうで、その施工証明書があったので、保険会社がボディーコーティングの再施工も認めてくれました。
インターパシフィックで取り扱っております、G’ZOXリアルガラスコートを施工させていただきました。

修理結果:
保険会社とは937,398円で協定させていただきました。修理金額だけ聞くと驚かれるでしょうが、保険会社が正式に認めた協定価格です。お客様にも仕上がりに大変満足していただけました。
お客様は楽天会員とのことで、楽天スーパーポイントを希望されました。税込み修理代金100円につき5ポイント差し上げますので、46,865ポイント獲得です。楽天市場や楽天トラベル等で46,865円分としてご利用になれます。

お客様からのコメント

  1. 今回、愛車に傷をつけられてしまい大変落ち込んでいました。
    以前、この車ではないものを板金塗装に出した際、微妙な色合いの違いや 塗装の剥がれに見まわれた苦い経験があります。
    一口で「再塗装」といっても施工する人の力量や仕事に対する姿勢で、仕上がりに大きな差が出ることを身をもって体験していましたので、 依頼先の選択は慎重に行ないました。
    修理が完了し引き取りに行った際、まるで別の車かと錯覚するくらいの期待以上の仕上がりに大変満足しています。
    心機一転のため、もともとツートンだったものをシルバー一色に変更してほしいという無理なお願いも聞いていただき(保険会社には事前に了解済み)、ミラーやモール類も完璧に塗装してもらい、その技術力の高さには感謝とともに敬意を表します

    • このたびは弊社に修理のご用命をいただきありがとうございました。
      最初は、愛車がどんな姿になって戻ってくるのか不安もおありだったと思いますが、仕上がりにご満足いただき光栄でございます。
      綺麗になったMR2、大切にお乗りください。

関連記事

トヨタ ハリアー 板金塗装 修理 事例

川崎市中原区にお住いのお客様より、トヨタ ハリアーの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はふと見ると、トヨタ ハリアーの左フロントフェンダーに身に覚えの無…
続きを読む

トヨタ オーリス 板金塗装 修理 事例

神奈川県にお住いのお客様より、トヨタ オーリスの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は交差点の手前で右折レーンへの車線変更中に、左側のガソリンスタンドから…
続きを読む

トヨタ ハリアー 板金塗装 修理 事例

東京都杉並区にお住いのお客様より、トヨタ ハリアーの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は片側2車線道路のセンターライン側の車線を走行中、前方の右折待ちの…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図