第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ホンダ CR-Z 板金塗装 修理事例

2

ホンダCR-Zの板金塗装修理事例をご紹介します。
狭い道で右折しようとした際、角に低いポールがあったのに気付かず右のリアフェンダーを擦ってへこませてしまいました。

自費での修理ですが、ちゃんと綺麗に直して欲しいとのご要望でお車をお預かりしました。

 

4

先ずバンパーやテールランプなどの付属品を取り外し、リアフェンダーのへこんだ損傷部分を丁寧に板金します。

妥協せず、極力元の鉄板の状態にまで復元させます。

 

 

 

 

 

3

板金が仕上がると、パテを付け、硬化させてから研ぎ上げます。

パテが厚く付くと、後々パテ痩せを起こす原因となります。そのため、パテができるだけ薄くて済むような、精度の高い板金が大事です。

4

板金工程の次はサフェーサーの塗装です。パテを研いだ状態では塗料を吸いこんでしまうので塗装することができません。

プライマーサフェーサーを塗装して板金した部位をしっかりとシールします。充分な加熱乾燥で塗膜を硬化させ、塗装職人の手作業で平滑に研ぎ上げます。

6

サフェーサーが研ぎあがると、車を塗装ブースに入れてマスキングと脱脂を行います。

7

ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中で、ホンダCR-Z本来の塗装肌を再現させます。

塗装の肌は車ごとに違います。塗料を吹き付けるスプレー圧をどのくらいに設定し、どのくらいの速度やパターンで塗料のスプレーガンを動かしたらオリジナルの肌に仕上がるかを熟練の塗装職人が判断して作業します。

8

完成です。どこをどう修理したのか判らないように細心の注意を払って仕上げさせて頂きました。

9

修理費用は税込み73,500円となりました。

このたびはインターパシフィックにホンダCR-Zの板金塗装をご依頼頂き、誠にありがとうございました。

元通りに直ったホンダCR-Z、大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ