ホンダ フィットシャトル 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ホンダ フィットシャトル 板金塗装 修理 事例




川崎市宮前区にお住いのお客様より、ホンダ フィットシャトルハイブリッドの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
新車から乗り続けているお車なのですが、以前にリアゲートの角をぶつけてへこませてしまい、また別の時にはリアバンパーの右角を傷つけてしまっていました。
どちらも錆びる様な損傷では無かった為そのままにして来てしまったそうですが、今回左リアドアを軽く擦ってしまって、今回の損傷は塗装も剥がれ錆びてしまう心配がある為、他の2箇所もまとめて一緒に直したいとの事で自費修理としてお車をお預かりしました。

まずはボディパネルの板金修理から進めて行きます。
左リアドアの傷はちょうどプレスライン上にあり、僅かにへこんでいました。
その少し上にも小さなエクボがあったので、まとめて板金修理します。

リアゲートの左角エッジ部の変形は裏側から叩き出し、平面部分のへこみはスタッド溶接機を使い引き出して板金修理します。
ドアもリアゲートもどちらもプレスライン上の損傷の為、オリジナルのプレスラインを復元させる為に丁寧な作業が求められます。


リアドア及びリアゲートの板金修理部分に僅かに残る凹凸には、パテを付けて綺麗に成形します。



リアドア及びリアゲートのパテを付けた部分と、リアバンパー右角の傷をサンダーで削り落した部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

リアゲート左角の裏側は板金修理の際にハンマーで叩いており、塗装が一部剥がれてしまったので小さな範囲で部分塗装をします。



ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースの中で、熟練の塗装職人がホンダ フィットシャトルハイブリッドの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
リアドア、リアゲートはパネルの全面を塗装し、リアバンパーは右角を小さい範囲で部分塗装しました。



塗装作業完了後、取り外していた部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてホンダ フィットシャトルハイブリッドの板金塗装 修理は完了となりましたが、今回はせっかく以前からの損傷部分もまとめて綺麗に直るのだからと言う事で、お車全体のボディガラスコーティングの施工も一緒に依頼されておりました。

今回板金塗装修理した部分以外のボディ全体の鉄粉等の付着物を除去し、ポリッシャーとコンパウンドで細かな傷を研磨してからコーティング剤を塗り込み、塗装・乾燥ブース内で室温約60℃の中で1時間程ボディを加熱乾燥させ、ボディガラスコーティングの施工は完了です。
今回は、水切れ性に優れた排水型のガラスコーティング剤を施工しました。
適度な撥水が持続し、雨の水滴がスムーズに流れ落ちてくれるのが特徴のコーティング剤です。

今回のホンダ フィットシャトルハイブリッドの修理費用は、部品代が2,580円とボディガラスコーティングの施工費用も含めた作業工賃が255,300円の合計257,880円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、ホンダ フィットシャトルハイブリッドの板金塗装 修理及びボディガラスコーティングの施工をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったホンダ フィットシャトルハイブリッドを大切にお乗りください。

関連記事

ホンダ クロスロード 板金塗装 修理 事例

川崎市多摩区にお住いのお客様より、ホンダ クロスロードのフロントバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は雪の日に箱根の峠道を走行中にスリップしてしまい、…
続きを読む

ホンダ インサイト 板金塗装 修理 事例

東京都にお住いのお客様より、ホンダ インサイトの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 走行中に道路脇の電柱にホンダ インサイトの左側面を擦ってしまったそうです。 お…
続きを読む

ホンダ オデッセイ 板金塗装 修理 事例

東京都江東区にお住いのお客様より、ホンダ オデッセイの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 狭い道を走行中低いポールの存在に気付かず、ホンダ オデッセイの左後部を…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図