第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ホンダ ステップワゴン スパーダ 板金塗装 修理事例

2

川崎市にお住まいのお客様よりホンダ ステップワゴンスパーダの板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。

中古車で購入したばかりでナビの操作に不慣れだった為細い道に迷いこんでしまい、ステップワゴンスパーダの左後側面を電柱に擦ってしまったそうです。

ボディーの色がホワイトパールなので画像では判りにくいのですが、赤枠で囲った範囲に損傷を受けています。

よく見ると、スライドドアとリアフェンダーの先端の幅が狭い部分との隙間が広がっているのがお判りかと思いますが、これはリアフェンダーがかなりへこんでいるせいです。

4

損傷部位をアップで写した画像です。

3

リアフェンダーのホイールアーチも全体にへこんでいます。

10

パネルの合わせ目もご覧のように開いてしまっています。

 

 

5

見た目以上にボディーのダメージは酷くアルミホイールも傷ついていたので、今回はお客様の車両保険を使ってステップワゴンを修理させていただくことになりました。

6

特にリアフェンダーの先端部分のヘコミと変形が酷く、板金作業はかなりの時間を要しました。

7

丁寧に板金作業を行い、できるだけ元通りに面出しを行います。

8

パテを付け充分に硬化させてから研いで仕上げます。

リアフェンダーのホイールアーチの部分が全体にへこんでしまっていたので、アーチのラインを復元するために繊細な研ぎ作業が要求されます。

9

11

パネルの合わせ目が開いてしまっていたリアフェンダーの下部もキチンと直りました。

12

パテを研ぎ終えると、サフェーサーを塗装して修理部位をシールします。

13

充分に加熱乾燥させて、サフェーサーの塗膜を硬化させます。

 

14

内板パネルのロックピラーを塗装します。内板パネルは必要最低限の範囲で塗装するのが好ましいです。

何故かと言いますと、塗装した事が見え見えになると、買い替えの下取り時などの査定で事故歴車を疑われてしまうことがあるからです。

その為ボディーの外板パネル同様、ゴミやホコリの付着に注意してきれいに塗装しなくてはなりません。

15

熟練の塗装職人が細心の注意を払って仕上げます。

塗装の肌や質感は車ごとに違います。ステップワゴンにはステップワゴンの塗装の肌があります。

塗料の吹き付け圧やスプレーガンと塗面との距離、ガンを動かすスピード等を調節し、塗装肌を再現させます。

16

サイドステップカバーは塗装された状態で部品供給されますので、新品に取り替えるだけの作業です。

アルミホイールも新品に交換しました。

17

ステップワゴンスパーダはご覧の通り何事も無かったかのように元通りに直りました。

購入時に施工したボディーコーティングについても保険会社が修理部位の再施工を認めてくれましたので、当社で同等のコーティングを施工させていただきました。

 

 

19

保険会社との修理協定金額は331,647円(部品71,573円、工賃260,074円)となりました。

このたびはインターパシフィックにホンダ ステップワゴンスパーダの板金塗装修理をご用命くださり、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ