第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ホンダ インテグラ(HONDA) 板金塗装

ホンダ インテグラ(HONDA) 板金塗装 修理です。

中央分離帯の無い見通しの良い道路を走行中、対向車がいきなり直近右折してきて、よけきれず衝突してしまいました。車の損傷はかなり酷いのですが、オーナー様にお怪我がなかったのが不幸中の幸いでした。事故の過失割合は相手側が圧倒的に多く、保険会社の見解では相手側に9割の過失があるとのことでした。しかし相手の運転手はそれを認めず交渉が難航し、時間ばかりがいたずらに経過してしまいそうでしたので、先ずはオーナー様の車両保険で先行して修理を行い、あとは保険会社同士で調整するということになりました。
オーナー様がこのホンダ インテグラの最終モデルを新車で購入してからまだ一ヶ月しか経っておらず、とにかく完璧に修理したいとのご要望で長野県から当社にご用命いただきました。
保険会社とも交渉し、長野県から神奈川県の当社までの車の陸送費用は保険で支払われる事になりました。

ホンダインテグラ-20080510

損傷状況:

フロント部分が大破しておりかなり大掛かりな修理になりそうです。

ホンダインテグラ-20080510

ホンダインテグラ-20080510

コアサポートがグッチャリつぶれています。

ホンダインテグラ-20080510

エンジンが押されているように見えます。エンジン損傷の有無が気がかりです。

ホンダインテグラ-20080510

修理内容:

先ずフロント部分をすべて分解し、エンジンとフロントサスペンションを取り外します。一部の部品交換は必要ですが、幸いエンジンに大きなダメージはありませんでした。

ホンダインテグラ-20080510

左のサイドメンバー(フレーム)がご覧の通りつぶれています。

ホンダインテグラ-20080510

フレーム修正作業に入る前に損傷度合いを正確に把握する必要があります。リフトアップし、セレットナジャというボディー三次元測定器で精密な計測を行います。

ホンダインテグラ-20080510

セレットナジャを使うと0.1mm単位という高精度でボディの歪みを三次元計測することができます。

ホンダインテグラ-20080510

測定結果をプリントアウトしました。このデータから左のフレーム先端が基準値に対し外側に3.2mm曲がり、後ろに4.1mm押されており、右のフレーム先端が3.3mm下がっていることが判りました。最初の見た目ではその他の部位にも少なからず損傷が波及しているのではないかと思いましたが、エアバックも出ていなかったですし、見た目ほど大きなフレームダメージではなさそうです。

ホンダインテグラ-20080510

セレットベンチというフレーム修正機に車をセットします。セレットベンチは車種ごとの専用ジグで修理車両を固定し、精密なフレーム修正を可能にします。ベンツ、ポルシェ、BMWなどのヨーロッパの主要メーカーから指定を受け、世界中のボディーサービスで使用されております。

ホンダインテグラ-20080510

車をセレットベンチにセットし、損傷部位をいろいろな角度から引いたり、押したりして修正していきます。

ホンダインテグラ-20080510

新品のフロントサイドメンバーです。

ホンダインテグラ-20080510

車の強度や修理品質に影響するので、先端のグチャグチャに潰れた部分だけ部分的にカット交換します。

ホンダインテグラ-20080510

フレームの交換範囲は最小限にし、なるべく板金修正で対応することが大切です。

ホンダインテグラ-20080510

フレーム修正完了です。

ホンダインテグラ-20080510

防錆処理を施し、プライマーサフェーサーを塗装します。

ホンダインテグラ-20080510

フレームの塗装を行います。

ホンダインテグラ-20080510

再度セレットナジャでボディアライメントを測定します。フレーム各部がキチンと基準値内であることが確認できました。

ホンダインテグラ-20080510

エンジンルーム内も元通りにします。

ホンダインテグラ-20080510

ボンネット、フェンダーの仮合せをします。

ホンダインテグラ-20080510

外装部品にサフェーサーを塗装します。

ホンダインテグラ-20080510

ホンダインテグラ-20080510

塗装作業はブースの中でゴミやホコリをシャットアウトして、慎重に丁寧に行います。何といっても新車で購入したてのお車です。輸入車と同様ヨーロッパ製の最高級塗料を使って耐久性の高い塗装を行います。

ホンダインテグラ-20080510

ホンダインテグラ-20080510

ホンダインテグラ-20080510

これがインターパシフィックの「こだわり」、ボルト類の塗装です。外見は綺麗になってあたりまえ!見えないところまで綺麗にするのが「こだわり」です。フェンダーやボンネットを交換した痕跡を残さないように仕上げます。

ホンダインテグラ-20080510

ホンダインテグラ-20080510

フレームのボルトも塗装します。

ホンダインテグラ-20080510

インテグラを新車で購入した際、オーナー様はガラス系のボディーコーティングを施工されており、保険会社は塗装した部分の再施工は認定してくれました。当社のホームページをご覧になり長野県から修理をご依頼くださったので、保険で認められない部分は当社のサービスということで、車全体をポリッシャーで磨き上げ、G’ZOXリアルガラスコートを施工させていただきました。

ホンダインテグラ-20080510

ガラスコーティングの耐久性を向上させるため、ブース内でコーティング被膜を加熱乾燥させます。

ホンダインテグラ-20080510

修理結果:

新車で購入してまだ一ヶ月しか経っていないのに、対向車がいきなり右折してきて大きな損害を被ったうえに相手側と過失割合で揉めたり、修理に時間がかかったりで、オーナー様は相当ストレスがおありだったと思いますが、私たちのベストを尽くしてお車を修理させていただきました。
ホンダ インテグラの板金塗装 修理代金は部品代が1,151,756円(税込み)、工賃が957,012円(税込み)で合計2,108,768円(税込)となりました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

  1. オーナー より:

    色々ありがとうございました!
    インターさんにお任せして、
    満足のいく出来に感謝してます。
    また事故にあってしまったら、
    お願いしたいと思います。

    • このたびはご用命頂きありがとうございました。
      事故は大変ショックなことだと思いますが、何よりもお怪我が無くて本当に良かったですね。
      お車に関しましては最善の方法で修理させていただきましたので、ご安心ください。

  2. 通りがかり より:

    ブログを拝見させていただき、フレームがゆがんでいないことをきちんと調べられるのに驚きました。昨年事故に会って修理しましたが、なんとなくフラフラするような気がして、きちんと直っているか不安でいました。一度計測だけしていただくことは出来るのでしょうか。その場合の料金はおいくらですか。

  3. インテグラオーナー より:

    インテグラのことを調べているときにこちらのブログに立ち寄りました。
    整備の内容まで詳しく書かれていて面白かったです。

このページの先頭へ