第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

レクサス RX270 フロントフェンダー板金塗装 修理事例

2

埼玉県さいたま市にお住まいのお客様よりレクサス RX270の板金塗装を依頼されましたので修理事例を御紹介します。

駐車場で当逃げ被害に遭い、相手が判らないためやむなくご自分の出費でレクサスを修理しなくてはならなくなってしまいました。

修理が必要な損傷部位はフロントバンパー左側とフロントフェンダー、

3

さらには左のフロントドアです。

バンパーは擦傷ですが、フェンダーとドアはへこんでいるので板金での修理が必要です。

今回は自費での修理となりますが、安くと言うよりはキチンと直して欲しいとのご要望で、修理した痕が絶対に判らないようにレクサスを直して欲しいと依頼されました。

4

丁寧に板金作業を行い、鉄板を極力元通りに面に復元させます。

5

フロントフェンダー先端部分のへこみは大して酷くはないのですが、ホイールアーチのプレスラインが若干へこんでいるので、慎重に作業する必要があります。

バンパーは変形が無いので脱着の必要も無く、また修理費用を抑えるために部分的な塗装で対処するつもりですので、フェンダーとの隙間を空ける程度にバンパーを浮かせて傷を修理しました。

6

板金が済むとパテを付け、しっかり硬化させてから研いで仕上げます。

7

ホイールアーチのプレスラインも最終的にパテ研ぎで成形します。

バンパーは擦傷程度でしたので、パテは使わず修理しました。

8

パテ研ぎが終わると表面をきれいに脱脂洗浄して、プライマーサフェーサーを塗装します。

それにより板金、修理部位をしっかりシールします。

9

赤外線ヒーターでサフェーサーを充分に加熱乾燥させます。

10

耐水ペーパーで丁寧に水研ぎを行い、職人の手の感触だけで平滑に仕上げていきます。サフェーサーだけでなく塗装する面をしっかり研ぎこみ、塗料の密着性を高めさせます。

 

11

研ぎ作業が終わると、レクサスを塗装ブースに入れてマスキング作業と表面の脱脂を行います。

12

ゴミやほこりが着かないよう慎重に塗装し、レクサス本来の塗装の肌を忠実に再現させます。

 

 

 

 

 

13

フロントバンパーは真ん中あたりでクリア塗料を薄めて吹き付け、ぼかします。

乾燥後に磨きをかければ、どこでぼかしたか全く判らなく仕上げられます。

14

レクサスRX270はご覧の通り、きれいに仕上がりました。お客様にも大変喜んで頂けました。

15

レクサスRX270の修理費用は部品代を含め、税込160,000円となりました。

このたびは埼玉県さいたま市よりわざわざお越しくださり、インターパシフィックにお車の修理をご依頼頂き、誠にありがとうございました。

元通りになったレクサス、大切にお乗りください。

 

 

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ