ルノー カングー 板金塗装修理事例


川崎市宮前区にお住いのお客様より、ルノーカングーの修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は、お買い物で立ち寄ったコンビニの駐車場で切り返しをしている際に、ルノーカングーの左フロント部分をバックでポールにぶつけてしまったそうです。
自費での修理を希望されましたが、フロントバンパーとフロントフェンダーの接続部分が共に大きく変形しており、修復出来るか否かは実際に作業してみないと何とも明言できな状態な為、最悪はパネルの交換になってしまう事をご理解いただいた上でお車をお預かりしました。

フェンダーライナーを外して内部の損傷を確認したところ、フロントフェンダーを取り付けているブラケットも変形しておりました。

ルノーカングーのフロントバンパーとフロントフェンダーは樹脂製です。
先ずは赤外線ヒーターであたため、少し柔らかくしてからそれぞれのパネルの変形の加熱修正を試みます。

この様な損傷の場合どちらかのパネルを取り外して作業する事が多く、今回はフロントフェンダーの方を外す事にしました。


加熱修正でパネルの変形はほぼ復元できそうで、フロントバンパー・フロントフェンダー共に角の折り返し部分が割れておりましたが、樹脂用の強力な接着剤を使い修理可能と判断しました。

フェンダーブラケットの変形を直します。
このブラケット部分の修正が必要だった為、作業性を考慮し今回はフロントフェンダーを外す選択をしました。

外していたフロントフェンダーやヘッドライトを再度取り付け、ヘッドライトやパネルの立付けを入念に確認します。

フロントバンパーもフロントフェンダーも加熱修正だけでは表面の凹凸が少し残りますので、表面をサンダーで削って成形します。

削った部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールし、赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥して硬化させます。

塗装面を平滑に研ぎ上げ、フロントフェンダーは1面全面の塗装、フロンバンパーは左側の部分塗装の為に丁寧にマスキングを施し、塗装の準備が完了です。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がルノーカングーの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

取り外していた部品を元通り組み付け、灯火類の点灯チェック・車内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをして、ルノーカングーの修理塗装は完了です。

今回のルノーカングーの修理費用は、クリップ等の部品代が1,404円と作業工賃216,000円の合計217,404円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにルノーカングーの修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったルノーカングーを大切にお乗りください。

ボルボV60 自損事故 修理事例

2016043volvov60-01川崎市宮前区にお住いのお客さまより、ボルボV60の鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
車庫入れの際、誤ってボルボV60の左後部をブロック塀に擦ってしまいました。
リアバンパー左側面に傷が付き、クォーターパネルも凹んでおりました。
自費での修理と言う事でお車をお預りしました。

2016043volvov60-02

2016043volvov60-03クォーターパネルの凹みを鈑金し、パテを付け成形しました。
自費ではありますが塗装を綺麗に仕上げる為に、サイドウインドガラスを専門のガラス業者に取り外してもらいます。

2016043volvov60-04リアバンパーは車体から取り外し、傷を削り落とします。
今回の損傷はバンパーに変形は無く表面上の傷のみだったので、サンダーでの削り込みだけでパテを使わずに済みました。

2016043volvov60-05クォーターパネルとリアバンパーのそれぞれの修理部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装し、充分に加熱乾燥させ平滑に研ぎ上げます。

2016043volvov60-06

2016043volvov60-07車両を塗装ブースに移動し、チリや埃をシャットアウトした環境の中で、ボルボの塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。今回は自費での修理なので修理費用を抑える為に、ひとつながりのルーフサイドパネルを途中で塗り分ける方法で作業しました。

2016043volvov60-08リアバンパーもボディ同様に塗装ブース内で、左側半分位までの部分塗装の方法で塗装します。

2016043volvov60-09取り外していたテールランプやリアバンパーを取り付け、専門のガラス業者にサイドウインドガラスを接着取り付けしてもらい、水漏れチェックやテールランプの点灯確認後、作業完了になります。

2016043volvov60-10今回のボルボV60の修理費用は、ウインドガラスの脱着工賃も含め税込み140.000円となりました。
このたびはインターパシフィックにボルボV60の鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったボルボV60を大切にお乗りください。

トヨタ ハリアー 自損事故 修理事例

20160430harrier-01川崎市宮前区にお住いのお客様より、自損事故を起こしたトヨタハリアーハイブリッドの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
スーパーの駐車場から出庫する際、暗く狭い駐車場で左側ばかりに気を取られ、右側の壁にトヨタハリアーハイブリッドの右リアドアとクォーターパネルを激しく擦ってしまったとの事です。
写真では分かり難いのですが、リアドアは全体的に大きく凹んでしまっております。
車両保険は使わずに自費での修理を希望され、お車をお預りしました。

20160430harrier-02クォーターパネルもこの様に大きく押し込まれております。
トヨタのディーラーに持ち込めばクォーターパネルも即パネル交換と言われてしまいそうな損傷ですが、リアドアは新品パネルに交換させていただき、クォーターパネルは鈑金で修理する事にしました。

20160430harrier-03新品のリアドアパネルを車体に仮り付けし、先ずは大きく凹んだクォーターパネルを大まかに元の位置まで引き出す粗出し作業をします。

20160430harrier-04

20160430harrier-05粗出し作業後は細かな凹凸を元の面に戻るまで丁寧に板金作業を繰り返し行い、溶接痕も綺麗に削り落とします。

20160430harrier-06

20160430harrier-07塗装作業の妨げになるサイドウインドガラスやテールランプを取り外し、リアバンパーは部分的な脱着で済ませ、少しでも費用を抑えられるようにしました。

20160430harrier-08鈑金部分にパテを付け、最終の面出し作業をします。
この時、リアバンパーとの合わせ目にも注意して丁寧にパテを研ぎ上げます。

20160430harrier-09パテを付けた部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装します。

20160430harrier-10次に新品のドアパネルの塗装前の準備に取り掛かります。
元々メーカーから出荷される際にパネルの裏側の外周部分にはシーラーが塗られていましたが、パネル中央の合わせ目部分には新たにシーラーを塗る必要がありました。

20160430harrier-11

20160430harrier-12塗装台にドアパネルをセットし、ドア単体で裏側(裏吹き)と表側をそれぞれ塗装します。
この段階で表側も1度塗装する事によって、後でまとめて塗装する際の色の染まりが良くなるメリットがあります。

20160430harrier-13今回はクォーターパネルの損傷が大きく、ロックピラー部分にも鈑金修理が及んだ為、ロックピラーへも塗装をしました。

20160430harrier-14裏吹きが済んだリアドアパネルを車体に取付け、チリや埃をシャットアウトした塗装ブース内で、トヨタハリアーの塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

20160430harrier-15塗装したパネルを綺麗に磨き上げ、取外していた部品を全て組み付け、各部作動チェックをして作業完了です。

20160430harrier-16今回は、スーパーでの損傷とは別のタイミングで傷付けてしまっていたフロントバンパー右角の傷も、「せっかく車を預けるのだから、同時に直してしまいたい。」とのご要望で、ボディ色が3コートパールの為少し広めの塗装範囲にはなりましたが、バンパーを付けたままでの簡易的な部分塗装の方法で修理しました。

20160430harrier-17

20160430harrier-18

20160430harrier-19トヨタハリアーハイブリッドの修理費用は、フロントバンパーの修理分も合わせて、部品代66.117円と修理工賃275.724円の合計341.841円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにトヨタハリアーハイブリッドの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったトヨタハリアーハイブリッドを大切にお乗りください。

プジョー 308 リアフェンダー板金塗装 修理事例

2

川崎市宮前区にお住まいのお客様よりプジョー308の板金塗装を依頼されましたので、ご紹介致します。

普段から通り慣れた道だったのですが、その日は雨で視界が悪く、右折の際にブロック塀を巻き込んでプジョー308の右リアドアとリアフェンダーを擦ってしまいました。

自費での修理となりますが、キチンと直して欲しいとのご要望でお車をお預かりしました。

3

ドアハンドルにも傷が付いています。

4

ドアハンドルやモールなどの付属品を取り外し、板金作業を行います。

今回の場合ではスタッド溶接機を用いて、引出し板金を行いますが、できる限り元通りのパネルの状態にまで復元させます。

その後の工程でパテを付けますが、パテはなるべく薄く抑えたいのです。

5

パテはヨーロッパ製の物を使用しています。

パテにも色々種類がありまして、研ぎ易くて作業性に優れたパテが多く出回っておりますが、

研ぎ易い=柔らかい=パテ痩せが起き易い、なので研ぎ難くて硬い、パテ痩せが起き難いパテを厳選して使用しています。

6

パテ研ぎが終わるとプライマーサフェーサーを塗装して板金した部位をシールします。

塗膜にヒーターでしっかり熱をかけ、硬化させます。

7

今回のプジョー308はちょうどリアドアとリアフェンダーの境目辺りに損傷を負っていたので、ドアを開けたロックピラーと呼ばれる部分にも少しダメージがありました。

外板パネルを塗装する前にインナーパネルの塗装を済ませておきます。

8

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースの中で、輸入車の塗装に精通した熟練の職人がプジョーのオリジナルな塗装肌を忠実に再現させます。

9

ドアハンドルも塗装します。

10

完成です。

何事も無かったかのように、プジョー308はすっかり元通りになりました。

11

修理費用は199,605円(税込)となりました。

このたびはインターパシフィックにプジョー308の板金塗装をご依頼くださり、誠にありがとうございました。

ポルシェ カイエン(PORSCHE) 板金塗装

ポルシェカイエン-20101203

ポルシェ カイエンのフロントバンパー 交換 塗装をご紹介します。

■損傷状況

オーナー様は駐車の際、壁の錯覚でフロントバンパーの左側をぶつけてしまいました。
バンパーは割れや変形があり、バンパー下部のロアスポイラーも傷付いています。

ポルシェカイエン-20101203

■修理内容

ポルシェ カイエンのロアスポイラーはブツブツした樹脂素材に塗装されているため、傷を修理するとブツブツの目が無くなってしまうため、取替を余儀なくされてしまいます。

ポルシェカイエン-20101203

バンパー本体は外見上は修理が可能かと思われたのですが、取り外してみると写真のように取り付け部が破損していたため修理では綺麗に直らないと判断し、オーナー様とも御相談した結果、新品バンパーに取替させて頂くことになりました。

ポルシェカイエン-20101203

丹念に塗装の足付け処理を行ってから、塗装ブースの中でゴミやホコリが付かないよう慎重にポルシェ カイエンの塗装を再現させます。

ポルシェカイエン-20101203

ポルシェカイエン-20101203

■修理費用

ポルシェ カイエンの修理費用はバンパー、ロアスポイラー、その他付帯部品が123,900円、作業工賃が110,880円で合計234,780円(税込)となりました。

BMW 320i 板金塗装

BMW320i-20100911

今年新車で購入したばかりのBMW 320iの板金塗装 修理をご紹介いたします。

■損傷状況・原因

お客様は工事で片側交互通行になっていた道路を運行中、移動式のガードレールに右側面を擦ってしまいました。右側のフロントフェンダーからリアバンパーまで広範囲な損傷となっております。
ドアとリアクォーターパネルは全体的に酷くへこんでいます。

BMW320i-20100911

BMW320i-20100911

ドアミラーもレンズが飛んでなくなっています。

BMW320i-20100911

前後のタイヤ、アルミホイールも傷付いています。

BMW320i-20100911

■修理方針

損傷が広範囲で修理金額も高額になりそうなので、お客様が加入している車両保険を使ってBMW 320iを修理させて頂くことになりました。
損害保険会社の技術アジャスターさんとの打ち合わせの結果、ドアパネル、ドアミラー、前後のタイヤ&アルミホイールは交換することになりました。
リアクォーターパネルはむやみに交換すると修復歴車となってしまいます。今回程度であれば修理が可能ですので、板金で対処することにしました。フロントフェンダー、ロッカーパネルカバー、リアバンパーもすり傷程度の損傷ですので、修理することになりました。

BMW320i-20100911

■修理内容

新品のドアパネルをBMWに装着し、建付けを調整します。

BMW320i-20100911

ドアパネルとの建付けのバランスを確認しながら、広範囲にダメージを受けたリアクォーターパネルを板金します。この先長く乗られるお車です。元通りの面になるよう、丁寧に丁寧に板金します。

BMW320i-20100911

高耐久性のパテを付け、充分乾燥させてから研いで仕上げます。

BMW320i-20100911

サフェーサーを塗装し、加熱乾燥により硬化させます。

BMW320i-20100911

新品のドアパネルも一度取り外し、サフェーサーを塗装します。

BMW320i-20100911

パネルの裏側を塗装します。

BMW320i-20100911

BMW 320iのフロントフェンダーは樹脂製です。傷があまり深くなかったので、パテは使わずに修理しました。

BMW320i-20100911

フェンダーにもサフェーサーを塗装します。

BMW320i-20100911

ロックピラーを塗装します。

BMW320i-20100911

ボディーの右側面を塗装します。塗装ブースの中で、熟練の塗装職人がBMWオリジナルの塗装の肌を再現させます。

BMW320i-20100911

BMW320i-20100911

ドアミラーや小さな部品も丁寧に塗装します。

BMW320i-20100911

バンパーやロッカーパネルといった樹脂部品はクリア塗料に軟化剤を混ぜ、塗膜がしっかり硬化しても柔軟性を保つようにします。
飛び石による傷を付きにくくしたり、素材そのものが柔らかいため塗装が割れるのを防止するのが目的です。

BMW320i-20100911

BMW320i-20100911

■修理結果

BMW 320iはすっかり元通りになりました。
保険会社との修理協定額は税込み1,110,270円(工賃589,071円、部品521,199円)となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回のBMW 320iのように車両保険で修理した場合でもプレゼントの対象となります。今回は55,500円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにBMW 320iの板金 塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

ボルボ V70 エステート (VOLVO) 板金塗装

ボルボV70-20081213

ボルボ V70 エステート (VOLVO) 板金塗装 修理です。

駐車場のポールを内輪差で巻き込み、ボルボ V70の右リアドアとクォーターパネルをこすって傷つけてしまいました。また今回とは別に傷つけてしまったリアバンパーとバンパーモールもこの際一緒に修理したいとのことで、神奈川県川崎市にお住いのお客様より板金 塗装 修理のご依頼を頂きました。

ボルボV70-20081213

ボルボV70-20081213

修理内容:

自費でのご修理とのことで必要最低限の外装部品のみを脱着し、クォーターパネルを板金しました。リアドアは傷ついた程度で、ほとんどへこんでいませんでした。

ボルボV70-20081213

ボルボV70-20081213

リアバンパーは脱着分解し、へこみの部分に熱をかけ裏から押し出して修正します。

ボルボV70-20081213

サフェーサーを塗装します。

ボルボV70-20081213

ボルボV70-20081213

ゴミやホコリを完全にシャットアウトしたクリーンルームのような塗装ブースの中で丁寧に作業を行います。
塗装後はブースを乾燥モードに切り替え充分に強制乾燥させ塗膜を硬化させます。

ボルボV70-20081213

バンパーは部分塗装でキレイに仕上げました。

ボルボV70-20081213

修理結果:

ボルボ V70の修理代は税込で210,000円となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は10,500円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびはインターパシフィックにご用命くださり誠にありがとうございました。

プジョー 307SW(PEUGEOT) 板金塗装

プジョー 307SW(PEUGEOT) 板金塗装 修理です。

スーパーの駐車場の壁に擦ってプジョー 307SWの左リアドアとリアフェンダーを大きくへこましてしまいました。今回は神奈川県 川崎市にお住まいのお客様のお車で、保険は使わずに自費での修理ということでご依頼いただきました。

プジョー307SW-20080708

損傷状況:

左のリアドアとリアフェンダーはかなり広範囲に凹んでいます。しかし、板金修理で対処できるレベルです。ドアモールも傷ついており、また一度取り外すと変形してしまい再使用できないため交換が必要です。

プジョー307SW-20080708

修理内容:

先ず板金が必要な部分の塗膜をディスクサンダーで削り落とします。

プジョー307SW-20080708

スタッド溶接機を使い銅のワッシャーを凹んだ部位に溶接します。

プジョー307SW-20080708

ワッシャーの穴に鉄棒を通しスライディングハンマーで凹んだ鉄板を引き出します。
パネルの裏側に手が入らない場合は裏からへこみを叩き出せないため、このような方法で凹みを少しずつ引き出し板金します。

プジョー307SW-20080708

できる限り元通りの面を出し、その後脱脂して鉄板をきれいにしてから板金パテを付けます。
そして充分にパテを乾燥させてから研ぎます。

プジョー307SW-20080708

パテ研ぎで仕上げた後、2液硬化タイプのプライマーサフェーサーを塗装します。
黒く斑に見えるのはガイドコートで、研ぎ残し防止や注意を払わなくてはならない部分の目印のために吹き付けてあります。

プジョー307SW-20080708

塗装はブース内で細心の注意をはらいゴミが付かないように作業します。
今回は自費での修理ということで、サイドウインドガラスは脱着せずにマスキングして塗装しました。

プジョー307SW-20080708

修理結果:

今回の修理は、ドアとフェンダーの凹み具合がひどく、特にドアは保険修理であれば交換をお勧めするほどの損傷でしたので、工賃は税込み197,400円となりました。また部品代としてドアモールが6,090円かかり、合計は203,490円(税込み)となりました。

メルセデス ベンツ SLK350(BENZ) 板金塗装

ベンツSLK350-20080509

メルセデス ベンツ SLK350 板金塗装 修理です。

損傷状況:

バックをした際、レンガでできた花壇にベンツ SLK350のリアバンパーをぶつけてしまいました。お車の色がシルバーなので判りづらいですが、縦に7cm位傷が付き、若干へこんでいます。

ベンツSLK350-20080509

修理内容:

仕上がりは重視しつつも経済的に修理をされたいとのオーナー様のご要望により、部分塗装で対処することになりました。
バンパーの傷ついた部分をサンダーで削ると、シルバーの色の下は赤色になっておりました。オーナー様はこのベンツ SLKを今年の3月に中古で購入したばかりだそうですが、前の持ち主が赤の中古バンパーに交換したのか、または新車製造時に色替えされたバンパーが装着された(たまに見かけます)かのどちらかだと思います。
いずれにせよ事故歴があるようには見受けられませんでしたので、別段問題はありません。

ベンツSLK350-20080509

しっかりと傷を削り落とした後、プライマーサフェーサーを塗装します。しっかり加熱乾燥してから水研ぎで塗装下処理を行います。

ベンツSLK350-20080509

塗装ブースの中で、ゴミやホコリをシャットアウトして丹念に塗装します。バンパーは取り外さないで部分塗装で仕上げます。

ベンツSLK350-20080509

修理結果:

修理完了です。部分塗装でもバンパー1本塗装するのと全く遜色ない仕上がりになりました。
修理金額は税込み31,500円となりました。お客様はドコモコインを希望されました。税込み修理代金の5%分(100円につき5コイン)プレゼントいたしますので、1575ドコモコインの獲得です。NTTドコモの携帯電話料金に1,575円としてご利用になれます。

アウディ A3 (AUDI) 修理

アウディA3-20080213

アウディ A3 (AUDI) 板金塗装 修理です。

損傷状況:

バックした際、低い看板に気付かずにリヤバンパーの左角を擦ってしまいました。傷の幅はそれほど広くはありませんが、縦方向に長く傷がついてしまいました。

アウディA3-20080213

修理内容:

お客様は自費での修理を希望されましたので、部分塗装でバンパーを修理することになりました。
テールランプのすぐ下まで傷がついていたので、テールランプは取り外して作業します。傷をダブルアクションサンダーで削り落とします。見た目は派手でしたが、傷は浅かったので、パテ補修は必要ありませんでした。

アウディA3-20080213

2液硬化型のサフェーサーを塗装し充分に加熱乾燥させます。

アウディA3-20080213

塗装ブース内でゴミやホコリを付けないように丁寧に塗装します。写真の赤枠のあたりでクリアコートを溶剤で薄めてボカシ塗装をします。上手にボカシ塗装ができれば、仕上げると何処をどのように塗装したのかまったくわからなくできます。

アウディA3-20080213

修理結果:

今回アウディ A3の修理金額は税込31,500円となりました。お客様は楽天会員とのことで、楽天スーパーポイントを希望されました。税込み修理代金100円につき5ポイント差し上げますので、1,575ポイント獲得です。楽天市場や楽天トラベル等で1,575円分としてご利用になれます。