日産 キューブキュービック 板金塗装 修理事例


東京都世田谷区にお住いのお客様より、日産 キューブキュービックの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お買い物に出掛けた際に、ショッピングモールの駐車場で大きな柱の土台のコンクリートに、日産 キューブキュービックの左後方部分をバックでぶつけてしまったそうです。
大切に乗り続けてきたお車なので、車両保険を使って完璧に綺麗に直して欲しいとの事でお車をお預かりしました。

リアバンパーを外したところ、クォーターパネルから繋がるリアフェンダーエクステンション部分にも大きな変形が確認でき、保険会社に報告しこちらの損傷も今回の事故による損傷と認定されました。

クォーターパネルのへこみを板金修理します。
一見、小さな範囲のへこみの様に見えると思いますが、パネルはひと繋がりになっている為当たり方やパネルの形状によっては、広範囲に歪が生じてしまう場合もあり、今回も比較的大きめの範囲の板金修理が必要になりました。
また、リアバンパーを付けてしまえば見えなくなてしまうフェンダーエクステンションもオリジナルの形状に復元するよう丁寧に板金修理します。
この部分はクォーターパネルの様な外板パネルに比べ、硬い素材が使われていたり何枚もパネルが重なっている分作業時間も多く掛かります。

板金修理部分に残る僅かな凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

フェンダーエクステンションのパネルの合わせ目にシーリングを施します。
このシーリングはヘラ等で平らにならすだけだったり、刷毛等を使ってわざと刷毛の目を付ける様にしてオリジナルの雰囲気を再現するようにします。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人が日産 キューブキュービックの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回の日産 キューブキュービックのボディの直接の損傷はクォーターパネルだけでしたが、へこみの位置や大きさによって、メタリックやパールのボディ色の場合は特に隣接するパネルへの色合わせの為のボカシ塗装が必要になります。

塗装作業完了後、取り外していたリアドアの付属部品やクォーターガラスを元通り組み付け、リアバンパーは色付きの新品バンパーに交換し、室内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをして日産 キューブキュービックの板金塗装 修理は完了です。

今回の日産 キューブキュービックの保険会社との協定修理費用は、部品代が80,924円と作業工賃が154,688円の合計235,612円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、日産 キューブキュービックの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直った日産 キューブキュービックを大切にお乗りください。

BMW 218d バンパー修理 塗装事例


世田谷区にお住いのお客様より、BMW218dのバンパー修理 塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お車で出掛けようとしたところ、BMW218dのフロントバンパーに見覚えのない傷を発見したそうで、ご自分でぶつけてしまった記憶は無くどうやら当て逃げの被害にあってしまったようです。
フロントバンパーの右角は大きなえぐれをともなう深い傷があり、フォグランプカバーも傷付いています。
自費での修理を希望され、お車をお預かりしました。


フロントバンパーを車体から取り外して、表裏両面の傷周辺を軽く削ります。
表面上の浅い傷であればサンダーで削るだけで処理は完了するのですが、今回の損傷はかなりえぐれが深い為あまり深く削ってしまうと穴が開いてしまいますので、穴が開かない程度の処理に留めます。

表面側の損傷部分に樹脂用の接着剤を付け、えぐれの深い部分を埋め固めます。

裏側にも同様に接着剤を付け補強します。

表面側をオリジナルの面が出る様に平滑に削り綺麗に成形します。
バンパーの下部にも傷がありましたが、こちらの傷は浅かったのでサンダーで削るだけの処理で済みました。

傷の処理をした部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がBMW218dの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回は自費での修理なので費用を抑える為に、フロントバンパーの右側をできる限り小さい範囲で部分塗装の方法で塗装しました。

塗装が完了したフロントバンパーに取り外していた部品を組み付け、新品のフォグランプカバーに交換し、洗車・最終仕上げ磨きをしてBMW218dのフロントバンパー修理 塗装は完了です。

今回のBMW218dの修理費用は、部品代7,452円と作業工賃54,993円の合計62,445円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、BMW218dのバンパー修理 塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったBMW218dを大切にお乗りください。

メルセデスベンツ E350 板金塗装 修理 事例


世田谷区にお住いのお客様より、メルセデスベンツE350の板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は狭い路地の曲がり角で右折の際に、メルセデスベンツE350の右後部を壁に擦ってしまったそうです。
損傷範囲は右リアドアとその後ろのクォーターパネルのホイールアーチ部分に傷をともなうへこみがあり、さらに後方のリアバンパーとクォーターパネルの接続部分にも擦り傷が付いていました。
お客様は自費での修理を希望され、修理費用を出来るだけ抑えつつも綺麗に直して欲しいとの事でお車をお預かりしました。

まずはへこみ部分の板金作業から始めます。
スタッド溶接機とスライディングハンマーを駆使し、へこんだパネルを出来るだけ元の面に戻すように板金します。

プレスラインが入っていたり少し複雑に湾曲した部分の為、最終の面出しはパテを付けて成形します。


パテを付けたリアドア後部とホイールアーチ部、さらにサンダーで傷を削り落としたリアバンパーの右角までプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールし十分に加熱乾燥させます。
今回はロックピラー部分にまで板金修理が及んだ為、リアドアを開けた状態でプライマーサフェーサーを塗装しました。

ドアを閉めると見えなくなるロックピラー部は、基本的に先に塗装してしまいます。
この部分は段々になっている車両がほとんどなので、その段を上手く利用して極力小さな範囲で部分塗装をします。
プライマーサフェーサーと同様に、ドアを開けたままで外板パネルと同時に塗装すれば作業効率が良いように思われるかも知れませんが、特にメタリックやパール色のお車で隣接する複数のパネルを塗装する際には、塗装するパネル同士が面一の状態で同時に塗装する方がより完璧な塗装が出来る事になるので、マスキングの手間は余計に掛かりますが、仕上がりを重視する為にこの様に二段階に分けて作業するようにしています。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブース内で、熟練の塗装職人がメルセデスベンツE350の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
自費なので費用を抑えたいとのご要望を受け、リアバンパーは右角位までの部分塗装とクォーターパネルはリアピラー上部の細い箇所でのクリア塗装の塗分けの方法で対応する事にしました。

取り外していた部品を元通りに組み付け、リアドアとリアバンパーのメッキモールは新品部品に取り替え、電装品の作動チェック・室内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをして、メルセデスベンツE350の板金塗装修理は完了です。

今回のメルセデスベンツE350の修理費用は、部品代が16,146円と作業工賃207,360円の合計223,506円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにメルセデスベンツE350の板金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったメルセデスベンツE350を大切にお乗りください。

ポルシェ 991 GT-3 【スプレー式】プロテクションフィルム&コーティング施工事例

新車のポルシェ 991 GT-3に新技術の【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルムとガラスコーティングを施工させて頂きましたのでご紹介します。
高級車やスーパーカーを中心に最近普及が進んでいるペイント・プロテクションフィルムですが、これまでは薄い透明なフィルムを貼る施工方法しかありませんでした。
ところが今回ポルシェ GT-3に施工させて頂いたFenix Scratch Guard(フェニックス・スクラッチガード)は、「貼る」プロテクションフィルムではなく、「塗装する」プロテクションフィルムです。
Fenix Scratch Guardは衝撃吸収性に優れた膜厚130μm(0.13mm)以上のスクラッチガードクリアを塗装することで、飛び石などによる傷を大幅に軽減することができます。
従来の「貼る」タイプのプロテクションフィルムは、近くで見ると貼ってあることがわかってしまうくらいですから、どうしても塗装の艶や質感を損ねてしまい、また磨く事ができないので時間とともにフィルムの透明度が劣化し、フィルムの切れ目(エッジ)の部分に汚れが溜まったり剥がれてきたりという問題がありました。しかし当社で施工させて頂いたFenix Scratch Guard(フェニック・ススクラッチガード)という「塗装する」プロテクションフィルムはフィルムの切れ目(エッジ)が無く、薄い傷であればポリッシャーで磨いて消すことができるので、メンテナンスを定期的に行えば綺麗な外観を長期間維持することができます。
お客様はサーキット走行が趣味で、飛び石による傷を防止するため、前の白いポルシェGT-3にも従来の貼るタイプのプロテクションフィルムを施工されていました。しかし、フィルムがだんだんと黄ばんできて、エッジが汚れて黒くなり、それらを手入れすることもできないので、磨いたりメンテナンスすることができるFenix Scratch Guardを気に入って頂き、ボディーのガラスコーティングの両方を施工させて頂きました。

今回のポルシェ GT-3のプロテクションフィルムの施工範囲はフロント廻りです。飛び石傷が付きやすいフロントバンパー、フードパネル、左右フロントフェンダーを施工しました。
Fenix Scratch Guardの施工は塗装ブースの中で行います。
塗装ブース室内の天井からフィルターを通してゴミやホコリを除去した空気が床に向けて圧送されているクリーンルームのような作業環境で熟練の塗装工が作業いたします。
Fenix Scratch Guardは4層構造になっており、1層目(密着材)と2層目(バインダー)はそれぞれ1コートですが、飛び石などによる衝撃を吸収し柔軟性を保持するための層である3層目は4~5コート塗り重ねここで膜厚を確保します。4層目のトップコートは硬さ、耐擦り傷性、耐候性(70%UVカット)に優れ、深い艶を出す役割の層で2コートで仕上げます。

フロントバンパーは脱着し、グリルやヘッドランプウォッシャー、ランプなどを全て取り外して塗装しますので、貼るタイプのプロテクションフィルムのように切れ目(エッジ)や段差が一切生じません。

完成するとプロテクションフィルムを施工してあることが全く分からない仕上がりになります。

Fenix Scratch Guard施工前後の膜厚をフードパネルの同じ位置で計測しました。
施工前は127μm(0.127mm)でした。

施工後の膜厚は316μm(0.316mm)となっておりましたので、この位置でのプロテクションフィルムの膜厚は189um(0.189mm)になったわけです。
この189μmの衝撃吸収性に優れた膜厚が飛び石や擦り傷からお車を強力にガードするわけです。

スプレー式プロテクションフィルムの施工が完了すると、次はボディーのコーティング作業に入ります。 Fenix Scratch Guardは施工面の研磨ができ、コーティングを施工できます。
先ずはFenix Scratch Guardを施工したフロント廻りを含め、ポルシェ GT-3のボディー全体を数種類のポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせて研磨し、下地をしっかり作り上げます。
磨き作業で塗装表面を平滑に仕上げた後、脱脂剤を使用して塗膜を脱脂します。

今回ご依頼いただいたボディーコーティングですが、撥水性のコーティングをご希望とのことでしたので、光沢・撥水、そして優れた防汚性を兼ね備えた最新のガラス系コーティングを施工させて頂きました。
高密度なガラス質のベース被膜が、深い艶と上質な光沢、そして優れた撥水性を生み出し、高い耐久性がその効果を長期間持続させます。また、高い防汚性能により雨ジミや水アカのこびりつきを抑制します。そのため付いてしまった汚れの除去も簡単になり、洗車やメンテナンスが容易になります。
コーティング液をボディー全体にムラなく塗布して、しばらく放置乾燥させてから丁寧に拭き上げます。

ポルシェ GT-3を再度塗装・乾燥ブースに入れて室内を60℃に加温し、1時間程ボディーを加熱乾燥させます。コーティング被膜をしっかり安定させ、十分な撥水性を発揮させるためには乾燥時間が必要です。当社では自然乾燥ではなく加熱乾燥させますので、より上質なコーティング被膜を実現させることが可能なのです。

ポルシェ GT-3のフェニックススクラッチガード施工費用は400,000円(税別)、ボディーのガラスコーティング施工費用は70,000円(税別)となりました。
このたびはインターパシフィックにポルシェ GT-3のペイント・プロテクションフィルムとコーティングの施工をご依頼くださり、誠にありがとうございました。
艶艶に仕上がったポルシェ GT-3で素敵なカーライフをお楽しみください。

【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルムの詳しい説明はコチラをご覧ください。

アルファロメオ ジュリア バンパー修理・塗装

世田谷区にお住いのお客様より、アルファロメオ ジュリアのフロントバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
道路沿いの店舗に立ち寄る為歩道を横切る際に、歩道の段差にアルファロメオ ジュリアのフロントバンパー右下部を擦ってしまったそうです。
しゃがまないと見えないような部分の傷ですが、お車もまだ新しいので綺麗に直したいとの事で自費での修理としてお預かりしました。

綺麗に直したいとは言え自費での修理になりますので、出来る限り費用も抑えたいとのご要望ですが、傷の位置がバンパーの真下にある為バンパーを車体につけたままでの作業は困難なので、まずはフロントバンパーを取り外します。

フロントバンパーの真下の面との境目に約20cm程の傷が確認できます。

元々のライン形状を崩さないように丁寧にサンダーで傷を削り落とします。

削った部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールします。その後赤外線ヒーターでしっかりと加熱し塗膜を硬化させます。

傷のあったフロントバンパー右下部を中心に、目の細かいサンドペーパーで丁寧に研ぎ上げ、作業しやすい高さになる様に塗装台にセットしマスキングを施します。
今回は自費修理で費用を抑える為に部分塗装の方法を選択しました。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、アルファロメオ ジュリアの塗装肌や質感を再現すべく、熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

塗装し終わったフロントバンパーを綺麗に磨き上げ元通りに車体へ組み付けて、アルファロメオ ジュリアのフロントバンパーの修理塗装は完了です。

今回のアルファロオ ジュリアの修理費用は、作業工賃48,600円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにアルファロメオ ジュリアの修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアルファロメオ ジュリアを大切にお乗りください。

メルセデスベンツ GLC250 板金塗装 修理事例

東京都世田谷区にお住いのお客様より、メルセデスベンツGLC250の板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
自宅車庫に駐車する際に、メルセデスベンツGLC250の左クォーターパネルを大きなポリバケツにぶつけてしまい、へこませてしまいました。
幸いにもフェンダーアーチモールやリアバンパーには損傷はありませんでした。
お客様は自費での修理を希望され、出来るだけ費用を抑えた方法での修理を依頼されました。

まず、大きくへこんだメルセデスベンツGLC250の左クォーターパネルを鈑金します。
塗膜を削り、へこんでしまったパネルを引き出して鈑金すると同時に、その後の塗装作業の妨げになるフェンダーアーチモールやテールランプを外します。
リアバンパーは完全には外さずにマスキングが出来るように一部分だけ外しました。

鈑金した箇所にパテを付け、僅かな鉄板の凹凸を埋めオリジナルの面が出るように平滑に仕上げます。

パテを覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールし、赤外線ヒーター等で充分に加熱乾燥させます。

プライマーサフェーサーを研ぎ上げ、マスキングを施し塗装前の準備完了です。
クォーターガラスとパネルの間に少し隙間があり、上手くマスキングができる形状だった事と、費用を出来るだけ抑えたいと言うお客様のご要望も考慮し、今回はクォーターガラスを外さずにリアピラー上部までの部分塗装の方法で塗装する事になりました。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブース内で、メルセデスベンツGLC250の塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

充分に塗装面を加熱乾燥させた後丁寧に磨き上げ、取り外した部品を元通り組み付け、洗車や仕上げ磨きをしてメルセデスベンツGLC250の鈑金塗装 修理の作業完了です。

今回のメルセデスベンツGLC250の修理費用は、108.000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにメルセデスベンツGLC250の鈑金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったメルセデスベンツGLC250を大切にお乗りください。

BMW 120iカブリオレ 板金塗装

東京都世田谷区にお住いのお客様よりBMW120iカブリオレの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
ハンドル操作を誤りコンクリート製の壁面にBMW120iカブリオレの右リアタイヤ周辺を擦ってしまい、右クォーターパネルの広範囲がへこみ、リアバンパーの右角に擦り傷が出来てしまいました。
幸いにもタイヤ・ホイールには大きなダメージは見受けられませんでした。
お客様はインターパシフィックに来られる前に、何社かの板金塗装工場に見積り依頼に行かれたそうです。
クォーターパネルは交換せずに鈑金修理で費用を抑えたいというご要望だったのですが、いずれの他工場様もクォーターパネルは鈑金修理出来ず交換になってしまい、高額な修理見積りを提示されたとの事でした。
インターパシフィックでも鈑金修理が出来ないのであれば、修理をあきらめお車を乗り換える事も視野に入れご来店されたそうです。
実車を拝見し、作業担当者とも協議の上、お時間は掛かりますが問題無く鈑金修理可能な旨お伝えし、お車をお預りする事となりました。

まずは、広範囲に及んだ凹みの鈑金作業に取り掛かります。
フェンダーアーチ部のプレスラインの再現にも気を使いながら、丁寧に凹みを引出します。
写真の様な状態になるまでには、板金作業に1日半位の時間を要しました。

鈑金部分にパテを付け、細かな凹凸を綺麗に成形します。

修理部分を全て覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールします。近赤外線ヒーターでしっかり加熱乾燥させてサフェーサーを硬化させます。
へこみが広範囲だった為、クォーターパネルのほぼ全面にプライマーサフェーサーを塗装する必要がありました。

リアバンパーは車体から取り外し、傷をサンダーで削りクォーターパネル同様プライマーサフェーサーを塗装します。

サフェーサーでシールした板金作業部位を平滑に研ぎ上げ、下処理を行った後、車両を塗装ブース内に移動し、BMWの塗装肌、質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。
ドアには今回の損傷はありませんでしたが、ボディカラーが調色の難しいシルバーということもあり、隣接するドアの色とのわずかな差異を解消する為、ボカシ塗装を施しました。

リアバンパーもボディ同様に塗装します。
自費修理なので少しでも費用を抑える為に、右側半分位の部分塗装の方法で作業しました。

取り外していたリアバンパーやテールランプを組み付け、ランプの点灯点検、洗車、最終仕上げ磨きをしてBMW120iカブリオレの鈑金塗装修理の完了です。

今回のBMW120iカブリオレの板金塗装費用は、部品代7.300円と作業工賃246.132円の合計253.432円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにBMW120iカブリオレの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったBMW120iカブリオレを大切にお乗りください。

レンジローバー イヴォーク 保険修理 事例

東京都世田谷区にお住いのお客様より、レンジローバー イヴォークの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
デパート駐車場のスロープの壁に、レンジローバー イヴォークの右側面を擦ってしまったそうです。
右リアドアとクォーターパネルに凹みがあり、モール類も傷付いております。

よく見るとフロントドアのエッジ部分にも擦った形跡がありました。
お客様は車両保険を使って綺麗に直したいとの事で、レンジローバーイヴォークをお預りしました。

まずは傷付いたモール類を取り外し、リアドアとクォーターパネルの凹みを鈑金します。
モールが付いてしまえば見えなくなってしまう様な部分の凹みも丁寧に鈑金します。

鈑金した部分にパテを付け、僅かな凹凸を成形します。

パテを付けたり削って鉄板が剥き出しになっている部分に、プライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールします。

塗装する前後ドアとクォーターパネルを平滑に研ぎ上げた後、レンジローバー イヴォークを塗装ブースに移動し、ゴミや埃をシャットアウトした環境の中で熟練の塗装職人がレンジロー バーイヴォークの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

傷付いたモールは未塗装の素地の部品のため塗装修理ができません。
仮に塗装をしても色や質感がまったく異なってしまうので新品部品に交換します。

交換部品や取り外していた部品を元通りに組み付け、洗車・仕上げ磨きをしてレンジローバー イヴォークの鈑金塗装修理は完了です。

今回のレンジローバー イヴォークの保険会社との協定修理費用は、部品代50.371円とボディガラスコーティングの部分施工費用も含めた修理工賃387.720円の合計438.091円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにレンジローバーイヴォークの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったレンジローバーイヴォークを大切にお乗りください。

スバル BRZ 板金塗装・修理事例

20161017brz-1東京都世田谷区にお住いのお客様よりスバルBRZの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介いたします。
車を路肩に寄せた際、少し高めの縁石にスバルBRZの左ロッカーパネルの後方をぶつけてしまい、パネルをへこませてしまいました。
自費での修理を希望され、お車をお預りいたしました。

20161017brz-2損傷箇所の塗膜を削り落とし、凹みを引き出し丁寧に鈑金修理します。

20161017brz-3ほぼ元通りの面にまで鈑金修理した部分に極薄くパテを付け、綺麗に成形します。

20161017brz-4パテで成形した部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりとシールします。

20161017brz-5ロッカーパネル下部にオリジナルと同等にチッピングコートを塗装します。
チッピングコートは修理部分にだけ塗装すると、ボツボツ感が途中から変わってしまい、いかにも直しましたというような雰囲気になってしまいます。
修理していない逆サイドとまったく同じにはなかなかなりませんが、前から後ろまで通して塗装する事によって、違和感が出ないように仕上げる事ができます。

20161017brz-6車両を塗装ブースに移動しマスキングを施し、熟練の塗装職人がスバルBRZの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回は自費での修理なので修理費用を少しでも抑える為に、ひとつながりのルーフサイドパネルを途中で塗り分ける方法で作業しました。

20161017brz-7今回お車をお預りする際に、気付いたら付いていたというリアバンパーの傷も一緒に直せないかと相談されました。
ロッカーパネルの塗装で塗料は作るしリアバンパーも外す事になり、同時に作業した方がお得なので一緒に作業する事になりました。

20161017brz-8リアバンパーの傷をサンダーで削り落とし、プライマーサフェーサーを塗装ししっかりシールします。

20161017brz-9自費修理なので、出来るだけ小さな範囲での部分塗装の方法で作業しました。

20161017brz-10取り外していたサイドウインドガラスやリアバンパー・テールランプ等を元通り組み付け、ランプの点灯や雨漏れチェック・洗車・最終仕上げ磨きをして修理完了です。

20161017brz-11

20161017brz-12今回のスバルBRZの修理費用は、部品代が¥1.134円と、ウインドガラスの脱着費用やリアバンパーの部分塗装費用も含めた作業工賃が¥152.247円の合計¥153.381円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにスバルBRZの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったスバルBRZを大切にお乗りください。

シトロエン DS4 板金塗装修理 事例

citroends4-1東京都世田谷区にお住いのお客様よりシトロエンDS4の鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
お買い物先の駐車場の柱にシトロエンDS4の左クォーターパネルを擦ってしまいました。
柱にはゴム製の緩衝材が取り付けられていた為、塗装は剥がれていませんがホイールアーチ部分の全体的にヘコミや歪みが生じてしまいました。
車両保険を使って修理をされたいという事でお車をお預りしました。

citroends4-2シトロエンDS4のクォーターパネルは、プレスラインや曲面で構成されており、特徴的で複雑なデザインになっています。
凹みや歪みを叩いたり引っ張ったりして、限りなく元々の形状に戻る様に丁寧の鈑金します。
写真の様な状態になるまでにはかなりの時間を要しました。

citroends4-3見た目では判らないような、ごくわずかな鉄板の凹凸はパテを薄く付け成形します。

cirtroends4-4パテを付けた部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールし、赤外線ヒーターで充分に加熱乾燥後、職人が手作業で平滑に研ぎ上げます。

citroends4-5塗装ブース内に車両を移動し、マスキングうをした後、シトロエンDS4の塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。
このシトロエンDS4はパール色の為、隣接するリアドアとの色の差異を無くす為のボカシ塗装をしました。

citroends4-6取り外していたテールランプやリアバンパー、リアドアの付属部品等を全て組み付け、作動チェックや室内清掃、洗車をして作業完了です。
お客様はボディガラスコーティングを施工されており、施工証明書をお持ちで保証期間内だったので、保険会社に今回の修理部分へのボディガラスコーティングの部分施工を認めていただき施工いたしました。

citroends4-7今回のシトロエンDS4の保険会社との協定修理費用は、部品代16.092円と修理工賃212.760円の合計228.852円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにシトロエンDS4の鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったシトロエンDS4を大切にお乗りください。

ボルボ XC60 側面事故 保険修理事例

141211VOLVOXC60-1東京都世田谷区にお住いのお客様からボルボXC60の板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介いたします。
駐車場から出る際にハンドルを早く切り過ぎてしまい左フロントドアを壁に擦ってしまいました。

141211VOLVOXC60-2フロントドアは大きくへこんで変形し、リアドアの角にも傷が付いてしまいました。
お客様が加入されている車両保険を使い修理する事になり、お車を預りました。
修理内容としましては、フロントドアパネルの交換塗装とリアドアの修理塗装、ドアモールの交換になります。

141211VOLVOXC60-3まず新品のフロントドアパネルを車体に取付け、立付けの確認・調整をします。

141211VOLVOXC60-4リアドアの傷はサンダーで削るだけで済みました。

141211VOLVOXC60-5リアドアの削った部分にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールします。

141211VOLVOXC60-6新品のフロントドアパネルは未塗装の状態で供給されますので、まずはパネルの裏側の塗装をします。私たちはこの作業を裏吹きと呼んでいます。

141211VOLVOXC60-7裏吹きが終わると、フロントドアパネルを再び車体に取付け、リアドアと今回は色合せの為の塗装をするフロントフェンダーと共に手作業で平滑に研ぎ上げ、塗装ブース内でマスキングを行います。

141211VOLVOXC60-8ボルボXC60の塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

141211VOLVOXC60-9取り外していた部品を組み付け、ドアモールも新品に交換し修理完了です。

141211VOLVOXC60-10今回のボルボXC60の保険会社との協定修理費用は、部品代231.217円と工賃256.176円の合計487.393円(税込)になりました。
このたびはインターパシフィックにボルボXC60の鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったボルボXC60を大切にお乗りください。

ポルシェ ボクスターS ドアパネル板金塗装 修理事例

2

東京都世田谷区にお住いのお客様より、ポルシェ ボクスターSの板金塗装を依頼されましたので、事例をご紹介します。

狭い道で急な左カーブがあり、そのままでは曲がれないので、車を一旦右に振ってから曲がろうとしたところ、道路右側にあった電柱にポルシェボクスターSの右側面をぶつけてしまいました。

右のドアパネル、リアフェンダーの広範囲な凹みを主として、ドアミラー、サイドステップ、リアバンパー、さらには右リアのホイールにもダメージがあります。

一見して修理金額が高くなりそうなので、お客様が加入している車両保険を使って、妥協なく丁寧に修理してほしいとのご要望でお車をお預かりしました。

5

ドアパネルは凹みが広範囲で、保険修理ということもあり、新品パネルに交換しました。リアフェンダーの凹みも広範囲でしたが、リアフェンダーはドアのようにボルトで固定されているのではなく、ボディーに溶接で取り付けられているので、むやみにパネルを交換することは好ましくありません。

付属品をすべて取り外し、時間をかけてじっくり丁寧にパネルを元通りの面に板金して復元させます。新品のドアパネルを車体に取り付け、立て付けを確認しながら作業を行います。

6

板金での面出しが済むと、パテを薄く付け、充分に乾燥させてから平滑に研いで仕上げます。

その後板金した部位にプライマーサフェーサーを塗装し、加熱乾燥でしっかり硬化させます。

10

ホイールハウスにも損傷が波及していたので、板金で修理します。

11

チッピングコートを塗布して乾燥させます。

12

ポルシェボクスターのホイールハウスと同じ色を調色し、塗装します。

13

ロッカーパネルにもチッピングコートを塗布します。

ポルシェ ボクスター独自のチッピングコートの質感を出すため材料、吹付けるためのスプレーガンを厳選し、塗布面とスプレーガンとの距離、ガン運びなどを調整して今回ダメージを受けていない左側との差異が出ないように仕上がりに注意を払って作業します。

9

ドアの裏吹きと呼んでいる工程です。ドアの内側は見た目は決して綺麗ではなく、中途半端に色が染まったような感じになっていますが、ポルシェの元々のドアの裏側がこのような仕上がりになっているので、同じ雰囲気を再現させます。
パワーウインドウやガラスが取りつき、トリムが取り付けられてしまえば、オーナーさんの目に留まる場所ではないのですが、忠実に元の状態を再現させるよう心掛けております。

7

リアバンパーには変形は見受けられず、コーナーが傷ついていいただけですので、サンダーで傷を削り落としサフェーサーを塗装してシールします。

8

今回の事故とは関係ありませんが、リアバンパーの左側にも傷が着いていましたので、これらも一緒に修理して差し上げました。

14

アルミホイールは傷が軽微で、今回の事故以前に着いていた傷のほうがむしろ大きいということで、保険会社が簡易的な部分修理なら塗装費用を支払いますと修理条件をつけられてしましました。

15

なので、リムの半分くらいを塗装しました。それでも元から付いていた傷もすっかりきれいに直りました。

16

ボディーの塗装工程です。車体を塗装ブースに入れてごみやほこりをシャットアウトさせます。

輸入車の塗装に精通した熟練の塗装職人がポルシェ ボクスターオリジナルの塗装肌を忠実に再現させます。

17

リアバンパーも古い傷も手直しし、新品バンパーのような塗装の出来栄えです。

18

ドアミラーも分解して塗装します。

19

ドアハンドルも塗装します。

20

ポルシェ ボクスターSの板金塗装作業完了です。

何事も無かったかのように、どこをどう修理したかわからないように丁寧にお直し致しました。

1

保険会社との修理協定金額は税込827,977円(部品248,503円、工賃579,474円)となりました。

時間がかかってもいいからとにかく丁寧に直して欲しいとおっしゃっていたオーナー様ですが、お引渡しの際、板金塗装が完成したポルシェ ボクスターSをしげしげとご覧になり、仕上がりに大変ご満足いただけました。

元通りきれいに直ったポルシェ ボクスターS,これからも大切になさってください。このたびはインターパシフィックに板金塗装をご依頼くださり誠にありがとうございました。

レクサス IS250 リアフェンダー板金塗装 修理事例

2

自損事故で右リアフェンダーを酷くぶつけてしまったレクサス IS250の板金塗装事例をご紹介します。

リアバンパーも変形しており、お客様の車両保険を使って修理させていただくことになりました。

お客様は3年毎にお車を買い替えていらっしゃるそうで、今回の修理でリアフェンダーを交換すると事故歴車になって下取り査定が安くなってしまうので、判らないように板金で丁寧に修理して欲しいとのご要望でした。

修理内容はリアフェンダーの板金修理、テールランプ、リアバンパーの取替となります。

3
リアフェンダーは単に酷く凹んでいるというだけではありません。

トランクとの間が明らかに開いてしまっています。

4

ダメージを受けていない左側と比べると一目瞭然です。

5

トランクルーム内のトリムも飛び出して変形しています。

6

リアフェンダーは裏側に手が入るので、裏から丁寧に板金してパネルを復元させていきます。

7

できるだけ元通りの面が出るまで、一切妥協はありません。板金職人の腕の見せ所です。

8

最終的にはパテを薄付けして面を平滑に整えます。

後々パテ痩せをおこさないように、材料も厳選したヨーロッパ製のものを使用しております。

9

色の差異を解消するため、リアドアまで塗装する必要があるので、ドアハンドルやモールなど塗装の邪魔になる外装部品を取り外します。

10

リアフェンダーにプライマーサフェーサーを塗装し、板金面をシールします。

この後、赤外線ヒーターでパネルを加熱乾燥し、サフェーサーを完全硬化させます。

11

リアフェンダーを板金したことによって、パネルの裏側にはご覧のように板金作業の痕跡が残ってしまいます。

表側をいくら綺麗に板金しても、トランクトリムを外して裏側を覗けば大きなへこみを板金で修理したということは一目で判ってしまいます。

裏側まで修理する板金塗装工場はほとんど無いというのが実情です。なぜかと言うとこうした作業は保険会社にとっては現状復帰の範疇を越え、謂わば過剰修理ということで工賃を認めてくれないからです。

でもインターパシフィックはこういう目の届かない所の修復にも拘っています。

もし自分がお客様の立場で自分の愛車のこの状態を目にしたら、いくら表側が綺麗に直っていても、いくら保険会社が費用を認めてくれないと言われても、なんか手抜き修理されたような嫌な気持ちになりますものね。

 

12

傷をきれいに削り落とします。

 

13

養生して元の雰囲気になるように塗装します。

こうしておけば、トランクを開けてトリムをはずして覗きこんでも違和感は無いかと思います。

14

いよいよレクサス IS250の外板パネルの塗装です。3コートのホワイトパールですので、難易度の高い塗装作業となります。

ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中で、熟練の塗装職人がレクサス IS250のオリジナルな塗装肌を忠実に再現させます。

15

リアフェンダーはパネルの切れ目となるフロントピラーの先端まで塗装します。

16

レクサス IS250の板金塗装修理の完成です。

何事も無かったかのように、事故の痕跡を残さぬように丁寧に仕上げさせていただきました。

 

1

保険会社との修理協定金額は税込み322,592円(工賃187,310、部品135,282円)となりました。

このたびはインターパシフィックにレクサス IS250の板金塗装修理をご依頼頂き、誠にありがとうございました。

フォルクスワーゲン ゴルフ リアドア板金塗装 修理事例

2

東京都世田谷区にお住まいのお客様よりフォルクスワーゲン ゴルフの板金塗装を依頼されましたので、ご紹介します。

自宅の車庫から車を出す際、誤って左後側面を擦ってしまいました。

加入されている自動車保険のノンフリート等級も高いので、今回は修理費用を気にせず、車両保険を使って修理をしたいとのご要望でお車をお預かりさせていただきました。

損傷範囲は左リアドア、リアフェンダー、リアバンパー、アルミホイールです。

3

リアドアとリアフェンダーのへこんだ部分をできる限り元通りに板金します。
リアフェンダーのホイールアーチがへこんでいるのでプレスラインをきれいに再現させるために慎重に板金を行います。

4

板金の面出しが済むとパテを付け、平滑に仕上げます。

5

パテを研ぎ上げると表面を脱脂洗浄し、プライマーサフェーサーを塗装して板金した部分をシールします。

6

7

赤外線ヒーターで加熱乾燥させサフェーサーの塗膜を充分に硬化させます。
塗膜が硬化したら職人の手で研ぎ上げます。

8

リアドア、リアフェンダーの外板パネルを塗装する前にドアを開けた内側部分を塗装します。

10

塗装作業はゴミやホコリを遮断した塗装ブースの中で行います。

フォルクスワーゲン ゴルフ本来の塗装肌を再現させるため、熟練の塗装職人が細心の注意を払って作業します。

9

リアフェンダーのパネルの切れ目はフロントピラーとサイドステップの先端です。そのため広範囲な塗装となります。

11

端が少し傷付いていたリアバンパーも一本塗装です。たまたま中央に別に付いた傷がありましたが、一緒に綺麗にして差し上げました。

12

アルミホイールは新品に取り替えます。

13

ご覧の通り、まるで何事も無かったかのように綺麗に元通りに直りました。

13

保険会社との修理協定金額は税込み359,058円(部品代62,790円、工賃296,268円)となりました。
このたびはインターパシフィックにフォルクスワーゲン ゴルフの板金塗装をご依頼くださり、誠にありがとうございました。

 

 

ポルシェ ケイマン(PORSCHE) 板金塗装

ポルシェケイマン-20100707

ポルシェ ケイマン(PORSCHE) 板金塗装 修理です。

■損傷状況・原因

狭い道で鉄製のフェンスに右リアフェンダーを擦ってしまいました。お車の色が白なので、パッと見わかりにくいのですが、すこしへこんでいます。

■修理方針

お客様は今回ポルシェ ケイマンを自費で修理されたいと希望されておりましたので、修理費用をなるべくお安く抑える方法等をご説明させていただきました。
例えば、塗装のマスキングに影響するリアバンパー、テールランプ等の外装品やリアサイドガラスなどを脱着するかしないか。塗装面積を小さくするためにどこかでトップコートをぼかすかどうか、です。
お客様のご要望は「キチンと綺麗に直したい」でした。

ポルシェケイマン-20100707

■修理内容

先ずは凹んだ部分を板金します。できるだけ元通りの面に近づけます。

ポルシェケイマン-20100707

パテは極力薄く付け、充分に乾燥させてから研いで仕上げます。

ポルシェケイマン-20100707

プライマーサフェーサーを塗装し、加熱乾燥により硬化させます。

ポルシェケイマン-20100707

塗装のマスキングの邪魔になる全ての外装品、ガラス、モール類を取り外します。

ポルシェケイマン-20100707

トップコートのボカシ塗装をしないために、ルーフサイドとロッカーパネルも塗装します。塗装作業としては特上の作業方法です。

ポルシェケイマン-20100707

■修理結果

ポルシェ ケイマンはすっかり元通り、綺麗に直りました。
修理費用は税込み160,000円(工賃153,878円、部品6,122円)となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は8,000円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにポルシェ ケイマンの修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ AMG CLK55(BENZ) 板金塗装

AMGCLK55-20091222

メルセデスベンツ AMG CLK55の板金塗装 修理をご紹介いたします。

外出先の駐車場で車庫入れの際、ガードレールにベンツの右フロントフェンダーを擦ってしまいました。

AMGCLK55-20091222

フェンダーはへこみが酷く、板金での修理はできません。新品パーツに交換する必要があります。

AMGCLK55-20091222

新品のパネルは非常に高い防錆力を持つ電着塗装が施された状態で供給されます。

AMGCLK55-20091222

フェンダーをボディーに装着し、建付けの調整を行います。

AMGCLK55-20091222

建付けが問題無いことが確認できたら、取り外して下処理を行い、サフェーサーを塗装します。
また裏吹きと呼ばれる、パネル裏側の塗装も行います。

AMGCLK55-20091222

サイドステップカバーにも傷がありましたが、今回は自費修理ということもあり、部分塗装で修理することになりました。

AMGCLK55-20091222

塗装作業はゴミやホコリが塗面に付かぬよう、塗装乾燥ブース内で慎重に行います。ドアパネルには損傷はないのですが、フェンダーとの色の差異を無くすため、ぼかし塗装を行いました。

今回のベンツの塗装のトップコートには耐擦傷性を向上させたナノ粒子クリヤーが塗装されています。
このナノクリヤーの特徴は、直径100万分の1mm以下の微小なセラミック粒子を組み込むことで極めて高硬度の塗膜となり、耐スリ傷性が向上し塗膜に傷が付きにくくなります。そのため、車の補修塗装を行う際もそれに対応したベンツの指定塗料を使用する必要があります。
大変高価な塗料で、普通のクリヤー塗料の2~3倍の価格です。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高いので塗装後の磨き作業も困難を極めます。まさに塗装職人泣かせの塗料です。

ナノ粒子クリヤーについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

AMGCLK55-20091222

ベンツはまるで何事も無かったかのように、すっかり元通りに直りました。
修理代金は部品代が62,307円、工賃が182,693円で合計245,000(税込)となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は12,000円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびは東京都 世田谷区よりご来店くださり、インターパシフィックにメルセデスベンツ AMG CLK55の板金塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

BMW 318i 板金塗装

BMW318i-20091010

BMW 318i 板金塗装 修理です。

右後部と左前部という全く違う部位に損傷を負ったにもかかわらず、車両保険を使って修理しても1事故としてカウントされたBMW 318iの板金塗装 修理 事例をご紹介します。
お客様は狭い道に迷いこんでしまい、右折する際にBMWの右後と左前を壁にぶつけてしまいました。

以前はこのように車の異なる部位に損傷を負った場合、車両保険で修理しようとすると、同じ時に同じ場所で起きた事故であっても保険会社はなかなか1事故とは認定せず、2事故扱いにされることがほとんどでした。

BMW318i-20091010

例えば車をぶつけてしまい、一旦ギアをバックに入れてハンドルを切り返し再び前進しようとしたら違う場所をこすってしまった場合や、車庫入れで車をバックさせたらリアをぶつけてしまい、慌ててギアをドライブに入れて前進させたら今度は前をぶつけてしまった場合等が典型的なパターンです。
しかし近年、損害保険会社によっては一連の動作によって生じた別々の損傷を1事故と認定するようになってきました。
車をぶつけてしまい、そのまま前進すると被害がさらに大きくなるのでバックや切り返しを行ったところ、別の部位を傷つけてしまった場合や、車をぶつけたことによりパニックに陥り、さらに別の部位をぶつけてしまった場合等は、同じ時に同じ場所で一連の動作によって生じた損傷とみなされるようです。
今回のBMWも同じ時に同じ場所で起きた事故だということが、調査ではっきりしたことにより、1事故と認定されました。(ただし、保険会社やその担当者によって判断が異なる場合もございます。)

BMW318i-20091010

修理内容:

フロントバンパーは変形も酷く、内側のリーインホースメントもつぶれており、新品に交換しました。

BMW318i-20091010

左フロントフェンダーと右リアドア、右リアフェンダーは板金で修理しました。板金で極力元通りに面出しを行い、パテで仕上げます。

BMW318i-20091010

BMW318i-20091010

サイドステップカバーは修理で直しました。今回の傷以外にも全体に石跳ね傷がありましたので、ダブルアクションサンダーを使用してステップカバー全面を削り、傷をキレイに落とします。

BMW318i-20091010

板金したパネルにプライマーサフェーサーを塗装します。

BMW318i-20091010

BMW318i-20091010

削って修理したステップカバーもサフェーサーを塗装します。

BMW318i-20091010

水研ぎで下処理を行い、マスキングを済ませ、塗装待ちのBMWです。

BMW318i-20091010

BMW318i-20091010

塗装ブースの中には毎分420?もの空気が常時供給されています。塗装ブース内の空気が1分間に約5回入れ替わる計算です。特殊なフィルターを通してゴミやホコリを除去した空気を天井から多量に上下圧送し、床から排気装置を通って屋外に排出します。したがってクリーンルームのような作業環境となるのです。BMWは熟練の塗装職人によって新車時の輝きを取り戻していきます。

BMW318i-20091010

BMW318i-20091010

バンパーやステップカバーなどの樹脂パーツは素材に弾力性があるため、クリア塗料に柔軟剤を加えます。そのため、ボディーの塗装とは分けて作業を行います。

BMW318i-20091010

BMW318i-20091010

ご覧の通り、BMWはすっかり元通りになりました。

BMW318i-20091010

BMW318i-20091010

修理結果:

BMW 修理の保険協定金額は、工賃が481,541円、部品代が197,001円で合計678,542円(税込)となりました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回は33,500円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。このたびは東京都 世田谷区よりご来店くださり、インターパシフィックにBMWの板金塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

ランドローバー レンジローバー ヴォーグ 修理

レンジローバー-20090822

ランドローバー レンジローバー ヴォーグのルーフサイドの板金塗装 修理事例をご紹介します。

買い物に出かけお店の駐車場にレンジローバーを止めようとした際、ちゃんとタイヤ止めがあったのでゆっくりバックしたところ、上にひさしのような出っ張りがあり、右ルーフサイドパネルの後部をへこませてしまいました。もう少しずれていたら、リアゲートまで傷つけてしまうところでした。
お客様は自費での修理をご希望とのことでしたので、へこんだ部分をキレイに板金で修理し部分塗装で直すのでであれば31,500円、ルーフサイドパネルを一本塗装するのであれば52,500円ですとご説明したところ、後者の方法で修理のご依頼を頂きました。

レンジローバー-20090822

修理内容:

損傷部分の塗装を削り落し、スタッド溶接機を使って凹みを引っぱり出します。見た目には鉄板は元通りになりました。

レンジローバー-20090822

パテを薄付し、充分乾燥させた後、研いで仕上げます。

レンジローバー-20090822

サフェーサーと言うプライマーを塗装します。塗料同様に加熱乾燥させ、水研ぎで仕上げます。

レンジローバー-20090822

ゴミやホコリを遮断した塗装ブースの中で、熟練の職人によりレンジローバーのオリジナルの塗装肌を再現させます。

レンジローバー-20090822

損傷の影響でリアゲートを開けた内側部分も補修が必要でしたので、ここは部分塗装で仕上げました。

レンジローバー-20090822

修理結果:

レンジローバー ヴォーグの板金塗装 修理代金は税込52,500円となりました。お客様には仕上りにご満足頂けました。
インターパシフィックは鈑金匠ネットに加盟しており、お客様は鈑金匠ネットのユーザー還元サービスである楽天スーパーポイントを希望されました。修理代100円につき5ポイントの付与となりますので、今回は2,625ポイントのプレゼントとなりました。楽天市場や楽天トラベルで2,625円分としてご利用いただけます。
このたびは東京都世田谷区よりご来店頂き、レンジローバーの修理をご用命くださり、誠にありがとうございました。