アウディ Q3 板金塗装 修理 事例


東京都世田谷区にお住いのお客様より、アウディ Q3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は駐車場から出る際に目測を誤り隣に駐車してあった車にアウディ Q3の左フロント部をぶつけてしまったそうです。
アウディ Q3はフロントバンパー・ロアスポイラー・フェンダーアーチモールと左フロントフェンダーに傷やへこみがあり、ヘッドライトの角にも僅かに傷が付いていました。
相手車両の損傷は対物保険で対応しましたが、車両保険には入っていなかった為ご自分のお車は自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

今回のアウディ Q3の作業方針は、フロントバンパー・ロアスポイラーとフェンダーアーチモールは車体から取り外してそれぞれを修理塗装、へこみのあるフロントフェンダーは板金修理及び1面の塗装、シルバー色のエアダクトトリムは色付き部品での取替、ヘッドライトは傷があまり目立たず走行上・機能的にも問題ない為、修理費用を抑える上でも部品交換せずにそのまま使う事になりました。
まずはフロントバンパーやアーチモールを取り外し、フロントフェンダーのへこみを引き出し板金修理します。

坂金修理した部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。


取り外したフロントバンパー&ロアスポイラーとアーチモールの傷を削り落し、フロントフェンダーと同様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
このモデルのアウディ Q3はフロントバンパー本体が左右で2分割とロアスポイラーの計3分割になる構造なので、今回は傷が付いたロアスポイラーとバンパー本体は左側だけを修理塗装します。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がアウディ Q3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。



車体から取り外したパーツはそれぞれを塗装のしやすい高さの台にセットして、ボディ同様に熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。
リアスポイラーやアーチモールは小さい範囲での部分塗装の方法でも塗装は出来そうでしたが、お客様からのご要望でそれぞれ1本全面を塗装する方法を採りました。

塗装作業完了後、取り外していた部品と新品に交換する部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてアウディ Q3の板金塗装 修理は完了です。

今回のアウディ Q3の修理費用は、部品代が34,496円と作業工賃が215,600円の合計250,096円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにアウディ Q3の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアウディ Q3を大切にお乗りください。

ボルボ XC40 板金塗装 修理事例


横浜市青葉区にお住いのお客様より、ボルボ XC40の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先の施設の駐車場から出る際に、前方の車に気を取られてハンドルを早く切り過ぎてしまい、ボルボ XC40の右後部を駐車場の柱に擦ってしまったそうです。
お車を新車に乗り換えて間もない為、何事もなかった様に元通り綺麗に直したいとの事でお車をお預かりしました。

今回のボルボ XC40の作業方針は、へこんでしまった右リアドアの板金修理及びリアドア1面の塗装、傷付いたドアプロテクターモールとクォーターアーチモールの部品交換と言う内容になります。
翌年以降の保険等級ダウンによる保険料金の値上がりを考慮すると車両保険は使わない方が良いとの判断となり、自費で修理する事になりました。
へこみの範囲はそれほど大きくはありませんが、ちょうどプレスラインに掛かってしまっているので、オリジナルのラインを復元させるべく丁寧に引き出し板金修理します。

へこみを引き出して板金修理した部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
インターパシフィックで使用しているパテは非常に硬く硬化するので、元の面に成形するには時間を要しますが熟練の板金職人が手作業で丁寧に成形します。

パテを付けた部分を覆う様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させた後、目の細かい研磨紙でリアドア1面を研ぎ上げます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がボルボ XC40の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
綺麗に仕上げる上で、ドアやボンネット等のボディの大きく平らなパネルは、基本的にひとつながりの全面を塗装し、塗装対象パネルに付く付属部品を取り外して作業します。
部品を取り外す事によって再使用出来ない部品が発生し部品代が掛かってしまう場合もありますが、部品をきちんんと取り外す事でマスキングの痕跡も残らず研磨作業もし易くなる為より綺麗に仕上がります。

塗装作業完了後、取り外していた部品や新品交換する部品を元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてボルボ XC40の板金塗装 修理は完了です。

今回のボルボ XC40の修理費用は、部品代が26,180円と作業工賃が110,000円の合計136,180円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにボルボ XC40の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったボルボ XC40を大切にお乗りください。

ミニ クーパーSD 板金塗装 修理 事例


千葉県船橋市にお住いのお客様より、ミニ クーパーSDの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は狭い交差点で左折をした際に、前方から対向車が来ていたのでより左側に寄せようとハンドルを切ったところ、左側の電柱に少しはみ出して括りつけられていた子供飛び出し注意の看板に、ミニ クーパーSDの左後部を擦ってしまったそうです。
ご加入の車両保険は車やバイクとの事故や台風・いたずらや盗難・飛び石傷等が補償される車対車+限定Aと言う保険で、今回の様な自損事故は補償されないタイプの車両保険だったので自費で修理をする事になります。
ディーラーでお見積りをしてもらったところかなり高額なお見積りを提示されたそうで、直接鈑金塗装工場に相談しようとインターネットで検索しインターパシフィックにご来店くださりお車をお預かりしました。

今回のミニ クーパーSDの作業方針は、左リアドアの擦り傷の修理塗装と左クォーターパネルのへこみの板金修理及び塗装、リアドアとクォーターパネルの各ホイールアーチモールの取替となります。
まずは傷付いたホイールアーチモールを取り外しクォーターパネルのへこみを引き出し板金修理します。

板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
この段階で塗装作業の妨げになるウインドガラス下に付く水切りモールやドアハンドルを取り外してしまいます。

リアドアは擦り傷のみでへこんではいなかったので、研磨紙で傷を削り落します。

リアドアとクォーターパネルの傷を削った部分やパテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで熟練の塗装職人が、ミニ クーパーSDの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
お客様はお車をお預かりする際にこの綺麗なオレンジ色が再現できるのか不安に思われておりましたが、オリジナルの塗装部分との色の差異も無く綺麗に仕上げる事ができました。

塗装作業完了後、傷の付いていた各ホイールアーチモールは新品部品に交換し、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてミニ クーパーSDの板金塗装 修理は完了です。

今回のミニ クーパーSDの修理費用は、部品代が42,460円と作業工賃が165,088円の合計207,548円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにミニ クーパーSDの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったミニ クーパーSDを大切にお乗りください。

トヨタ ランドクルーザープラド 板金塗装 修理 事例


東京都目黒区にお住いのお客様より、トヨタ ランドクルーザープラドの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
ご自宅のガレージに駐車する際に、雨が降っていてミラーも見えにくかったこともあり斜めにバックしてしまい、ガレージの壁にランドクルーザープラドの左後部を擦ってしまったそうです。
お車はまだ新しい為、修理費用は抑えつつも綺麗にきちんと直したいとの事で、自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

今回のランドクルーザープラドの作業方針は、僅かにへこんだ左クォーターパネルの板金塗装とリアバンパー左角の部分塗装になります。
まずはリアバンパーを車体から取り外しクォーターパネルを板金修理します。
へこみは極僅かだったこともあり、このままパテを付けない様に板金修理する事ができました。
パテを付けないで済む事で後々パテ痩せが起こるつとむも可能性は全くありません。

取り外して駐車センサー等の付属部品を一部分解したリアバンパーの左角の傷をサンダーで綺麗に削り落とします。


板金作業と傷修理で塗膜を削った部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで車体にマスキングを施し、熟練の塗装職人がランドクルーザープラドの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回は自費修理ですが、クォーターガラスは取り外して塗装する方法を採りました。
こうする事でマスキングテープの痕跡が残らず、隅々まで研磨する事が出来る為、より綺麗に仕上がります。

取り外して作業しているリアバンパーを塗装のし易い高さの台にセットし、ボディ同様に熟練の塗装職人が小さい範囲で部分塗装をします。
今回のランドクルーザープラドの場合、ちょうどクリア塗装を薄めていきボカシたい部分がマフラー出口の切り欠き部分と重なり、上手くリアバンパーの中でも幅が一番細い部分を利用する事が出来た為、経年により万が一ボカシ目が分かる様になってしまったとしても、とても細い部分の為あまり目立たないと言う利点があります。

塗装作業完了後、駐車センサー等の付属部品を元通りリアバンパーに組み付けた後車体に取付け、駐車センサーの作動チェックやテールランプの点灯確認、洗車・最終仕上げ磨きをしてランドクルーザープラドの板金塗装 修理は完了です。

今回のランドクルーザープラドの修理費用は、部品代が3,300円とクォーターガラスの脱着工賃も含めた作業工賃が114,026円の合計117,326円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにトヨタ ランドクルーザープラドの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったトヨタ ランドクルーザープラドを大切にお乗りください。

フェラーリ F430 板金塗装 修理


東京都千代田区にお住いのお客様より、フェラーリ F430の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は交差点で信号待ちで停止していたところ、横を通り過ぎようとした自転車がフェラーリ F430の左後部にぶつかって来て、その自転車は振り返る事も無くそのまま逃げ去ってしまったそうで、車を降りて確認すると左クォーターパネルがへこんでしまっていました。
新車から大切に乗り続けて来たので、何事もなかった様に綺麗に直して欲しいとの事でお車をお預かりしました。

今回のフェラーリ F430の修理は保険料金の値上がり等を考慮して自費での修理を希望されました。
作業方針は左クォーターパネルのへこみの板金修理及び塗装となります。
自費修理なので出来る限り部品の脱着を少なくし脱着費用を抑えたいところですが、フェラーリ F430のクォーターパネルはアルミ製の為、裏側から押し出す方法を採りたいので作業スペースを確保する上でテールランプやリアバンパーを取り外して作業する事にしました。
十分な作業スペースが確保出来たので、デントツールと言う棒状の特殊な道具を使ってへこみを裏側から押し出します。
闇雲に力をいれてしまうとアルミパネルが裂けてしまう恐れがありますので、道具を当てるポイントや力加減を調整しながら慎重かつ丁寧に熟練の板金職人がへこみを元通りの面が出る様に作業します。

今回はへこみの裏側に道具や手が入るスペースが十分にあった事もあり、裏側から押し出す工程だけで綺麗に元通りの面に修復する事が出来、パテを付ける必要はありませんでした。
パテを付けなければ、後々パテ痩せを起こす可能性は全くありません。

塗膜を削り落した部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がフェラーリ F430の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
クォーターガラスは脱着に伴い再使用出来なくなるケースもある為、マスキング処理して塗装しました。
また、本来塗装範囲はひとつながりのパネルを全面塗装する方法がベストなのですが、このフェラーリ F430はリアピラーからルーフ、更に反対側のクォーターパネルまでが繋がっている形状で、その範囲を全面塗装するとなるとかなりの高額な修理費用になってしまうので、リアピラー上部の幅の狭い部分でクリアをぼかす塗装方法を採りました。

塗装作業完了後、取り外していたテールランプやリアバンパーを元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてフェラーリ F430のアルミパネルの板金塗装 修理は完了です。

今回のフェラーリ F430の修理費用は、作業工賃が269,280円となりました。
このたびはインターパシフィックにフェラーリ F430の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったフェラーリF430を大切にお乗りください。

BMW X5(G05) 板金塗装 修理 事例


神奈川県鎌倉市にお住いのお客様より、BMW X5(G05)の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はご自宅のガレージにバックで駐車する際に少し下がり過ぎてしまい、後方に設置してあった棚にBMW X5のリアゲートをぶつけてしまったそうです。
新車納車から間もない為、綺麗に直したいとの事でお車をお預かりしました。

幸いリアゲート以外のテールレンズ等には損傷は無かったので、今回のBMW X5の作業方針は、リアゲートのへこみの板金修理及びリアゲート上側半分の塗装となり、車両保険の値上がりを考慮し自費で修理する事になりました。
BMWエンブレムと左右テールレンズを取り外して、オリジナルのプレスラインの繋がりを崩さない様に丁寧にプレスラインを復元させ、この後のパテを付ける厚みを極力薄く出来る様にハンマーや当盤を使って元の面に戻る様に丁寧に板金修理します。

坂金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
インターパシフィックでは、硬化すると非常に硬くなる上質なパテを使用しています。
これは成形する上では非常に硬い為作業性はよろしくありませんが、経年によるパテ痩せが起こりにくいと言う大きなメリットがあります。

パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させ、この後プライマーサフェーサーを含めた塗装面を目の細かい研磨紙で研ぎ上げ塗装準備完了です。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで様々な技術を駆使してマスキングを施し、熟練の塗装職人がBMW X5の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
保険を使った修理であればリアゲートガラスやナンバープレート等も取り外してリアゲート1面を全面塗装する方法を採りますが、今回は自費での修理の為リアゲートガラスはマスキング処理し、ナンバープレート上部のパネルの形状を上手く利用して塗装する事で出来る限り脱着部品を少なくし、塗装範囲を狭める事で修理費用を抑える事が出来ました。

塗装作業完了後、取り外していたテールレンズやエンブレムを元通り組み付け、灯火類の点灯チェック・洗車・最終仕上げ磨きをしてBMW X5の板金塗装 修理は完了です。

今回のBMW X5の修理費用は、作業工賃が74,800円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにBMW X5の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったBMW X5を大切にお乗りください。

レンジローバースポーツ 板金塗装 修理 事例


横浜市中区にお住いのお客様より、ランドローバー レンジローバースポーツの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先で駐車する際に、駐車場の出入り口が工事中でフェンスが設置されていた為狭くなっており、切り返しながらバックで駐車しようとしてレンジローバースポーツの右後部をポールにぶつけてしまったそうです。
右テールランプはひび割れてしまいリアバンパーは傷つき、右クォーターパネルは大きくへこんでしまいました。
お客様は車両保険には入っておりましたが、翌年以降の保険料金の値上がりや免責金を考慮し、自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

今回のレンジローバースポーツの作業方針は、大きくへこんだクォーターパネルの板金修理及びクォ-ターパネル1面の塗装、リアバンパーは右側を修理塗装、割れてしまったテールランプは新品部品に交換と言う作業内容になります。
テールランプやリアバンパーを取り外してクォーターパネルの板金修理を進めます。
リアバンパーで隠れてしまう部分も丁寧に元の形状に修復します。
部品を取り付けてしまえば見えなくなってしまう部分だからと言ってきちんと修復しないと、部品が正規の状態で取り付けられなかったり、パネルとの間に隙間が生じてしまいます。

板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて、リアバンパーを何度も仮付けして面の出入り具合や隙間を確認しながら綺麗に成形します。


リアバンパー本体と右バンパーロアカバーの傷をそれぞれサンダーで削り落します。


板金修理をしてパテを付けた部分やサンダーで傷を削り落した部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がレンジローバースポーツの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

リアバンパー本体を塗装のしやすい高さの台にセットして、ボディ同様に丁寧に塗装します。
このレンジローバースポーツのリアバンパーはいくつもの部品が組み合わさっている構造の為、1本全体を塗装せずに右側だけの塗装で済ます事ができました。

バンパーロアカバーも塗装台にセットして塗装します。
こちらの部品はボディ色の白とは異なる黒色の為、この部品の為にもう1色塗料を調色して作りました。

塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてレンジローバースポーツの板金塗装 修理は完了です。

今回のレンジローバースポーツの修理費用は、部品代が115,500円と作業工賃が262,900円の合計378,400円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにレンジローバースポーツの板金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったレンジローバースポーツを大切にお乗りください。

メルセデスベンツ CLA200d 板金塗装 修理 事例


東京都中央区にお住いのお客様より、メルセデスベンツ CLA200dの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
奥様のご実家に立ち寄った際に周辺が暗く見えにくかった事もあり、メルセデスベンツ CLA200dの右フロントドアをガレージの支柱に擦ってしまったそうです。
新車で購入し大切に乗ってきた車なので綺麗に直したいと思い、いくつかの板金塗装工場に問い合わせしたところ、プレスラインが変形している為歪みが残ってしまう可能性があるとのお返事だったそうです。
歪みを残さずに綺麗に直したいがドアパネルの交換はしたくないとの事でインターパシフィックにお問い合わせいただき、実車を拝見したところ板金修理で十分綺麗に直せると判断し、自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

まずはフロントドアのプレスラインの変形を丁寧に引き出し板金修理します。
ドアパネルの中でも平坦な部分の板金修理に比べ、プレスライン部分の板金修理は難易度は高くはなりますが、このくらいの変形具合であれば十分板金修理が可能です。

出来る限り板金修理で変形部分を元の面に引き出した上で、僅かに残る凹凸にはパテを極力薄く付けオリジナルのプレスラインを再現すべく丁寧に成形します。

パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させた後、目の細かい研磨紙でフロントドア1面を研ぎ上げ塗装工程に移ります。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がメルセデスベンツ CLA200dの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
損傷部位が比較的リアドアに近い所に位置しており、メタリックやパール色のお車であれば隣接するリアドアへの色合わせの為のボカシ塗装が必要になるところですが、今回のメルセデスベンツ CLA200dのボディ色はメタリックやパール色ではなくソリッド色の赤色と言う事と自費修理の為修理費用も抑えたいと言う事もあり、損傷があったフロントドア1面だけの塗装で済ませる事にしました。

塗装作業完了後、取り外していたフロントドアの付属部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてメルセデスベンツ CLA200dの板金塗装 修理は完了です。

今回のメルセデスベンツ CLA200dの修理費用は、部品代が1,749円と作業工賃が127,600円の合計129,349円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにメルセデスベンツ CLA200dの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったメルセデスベンツ CLA200dを大切にお乗りください。

ダッジ チャレンジャー バンパー修理塗装事例


神奈川県藤沢市にお住いのお客様より、ダッジ チャレンジャーのリアバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は新車で購入したダッジ チャレンジャーをぶつけたり傷つける事なく大切に乗って来たそうですが、ある日洗車をしているとリアバンパーに無数の小さな傷が付いている事に気が付いたそうです。
ご自分でぶつけた記憶も無く、傷の状態からも壁等にぶつけて出来たような傷には見えず、他の車に当て逃げされた様な傷にも見えません。
よく走行中に付いてしまう石跳ねによる傷の様に見えますが、リアバンパーではなかなかここまでの石跳ね傷にはならないので原因は特定できませんが、お出掛け先で砂利の駐車場に止めた事があったそうなので、もしかしたらその際に他の車が巻き上げた砂利で付いてしまったのかもしれません。
傷付けた相手は分からないので誰にも修理代を請求できませんので、自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

今回のダッジ チャレンジャーの修理方針は、小傷がリアバンパーの後面に全体的に付いている為、リアバンパーを取り外して1本全面の修理塗装をする事になりました。
幸いなことに、リアバンパー以外のボディには傷は見当たりませんでした。
まずは車体から取り外したリアバンパーを分解し、全体の傷をサンダーで丁寧に削り落とします。
この時、傷だけを集中的に削ってしまうと表面がデコボコになってしまうので、傷を落としつつ全体の平滑さも保つように削らなければなりません。

傷を削り落した部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させ、この後塗装面を目の細かい研磨紙で丁寧に研ぎ上げ、塗装前の準備は完了です。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、リアバンパーを塗装のしやすい高さの台にセットし、熟練の塗装職人がダッジ チャレンジャーの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

塗装作業完了後、リアバンパーにロアスポイラーやリフレクターレンズ等の部品を元通りに組み付け、駐車センサーの作動チェックをし、洗車・最終仕上げ磨きをしてダッジ チャレンジャーのリアバンパー修理塗装は完了です。

今回のダッジ チャレンジャーの修理費用は、作業工賃が110,000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにダッジ チャレンジャーのリアバンパー修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったダッジ チャレンジャーを大切にお乗りください。

メルセデスベンツ G350d リアバンパー修理塗装 事例


横浜市神奈川区にお住いのお客様より、メルセデスベンツ G350dのリアバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はご家族でキャンプに出掛け、キャンプ場内でUターンしようとした際に誤って電灯の柱にメルセデスベンツ G350dのリアバンパーをぶつけてしまったそうです。
保険料の値上がりを考慮して自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

メルセデスベンツ G350dのリアバンパーは3分割の構造になっておりますが、よく見ると右側のコーナーカバーが大きく変形しています。
部品のサイズ感からしてもそれ程高額ではないと考えしかも変形が大きい為、当初はリアバンパーセンターカバーを修理塗装、右コーナーカバーを取替塗装と言う作業方針でおりました。
しかし、部品の在庫状況と価格のお見積りを取ったところ、右コーナーカバーは7万円以上もする高額部品であることが分かり、お客様ともご相談の上、既存の部品を出来る限り加熱修正してみてどうしても思うように直らない場合には部品交換すると言う方針に変更する事になりました。

リアバンパーASSYを取り外した内部のバンパーブラケットの取付け位置が大きくずれてしまっています。
ブラケット自体はかなり頑丈なスチール製の為曲がったりはしていませんので、この後取付ボルトを緩め元の位置へ調整します。

取り外したリアバンパーの右コーナーカバーの変形部分を赤外線ヒーターで温め、時間を掛け大きな変形を徐々に戻していきます。

リアバンパーを分解後、右コーナーカバーの変形部の裏面と表面にプレートをあててバイスグリップで挟みながら加熱修正します。

時間を掛け丁寧に加熱修正したことで綺麗に変形を直す事が出来ました。

リアバンパーセンターカバーの傷はサンダーで削り落します。

傷を削り落した部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、塗装しやすい高さの台にセットしたリアバンパーを、熟練の塗装職人がメルセデスベンツ G350dの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。


塗装作業完了後、リアバンパーを元通り車体に組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてメルセデスベンツ G350dのリアバンパー修理塗装は完了です。

今回のメルセデスベンツ G350dの修理費用は、部品代が3,212円と作業工賃が151,800円の合計155,012円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにメルセデスベンツ G350dのリアバンパー修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったメルセデスベンツ G350dを大切にお乗りください。

フェラーリ カリフォルニア T 板金塗装 修理 事例



横浜市にお住いのお客様よりフェラーリ カリフォルニアTの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は高速道路を走行中フェラーリ カリフォルニアTのボディにバチバチっと何かが当たる音がしたそうです。
高速道路上で停車してすぐに確認する訳にもいかずパーキングエリアで確認したところ、車の前方パネルに小石が当たって出来たような傷が数か所見つかったそうで、他の車が跳ね上げた小石による飛び石の被害を受けてしまったようです。
お客様はご加入の車両保険を使って綺麗に直したいとの事でお車をお預かりしました。
損傷は大きく分けて右フロントフェンダー・右ドアミラーとボンネットの計3箇所にありますが、すべての損傷が1つの事故として認められるか否かは保険会社の判断に委ねられる事になります。


今回の様な飛び石傷と呼ばれる損傷は『飛来中または落下中の他物との衝突』と言う項目に当てはまり1等級ダウン事故となります。
今回の3箇所の損傷がまとめて1事故として認定されれば1等級ダウンだけで済みますが、過去には同様な複数パネルにある損傷をそれぞれ別々の時に起きた事故と判断され、3事故や4事故と言う様に事故数を分けられてしまったケースもあります。
そうなると、保険等級も3等級・4等級ダウンとなってしまい翌年以降の保険料の値上がりに大きく影響を及ぼす事になります。
保険会社のアジャスターによる損傷状態の確認により、傷の新旧の状態や傷の中の堆積物、傷の入った方向性等が精査され、今回の被害は右フロントフェンダーと右ドアミラーの2箇所の損傷がまとめて1事故として認められましたが、ボンネットの傷については別の時に付いた傷と判断されました。
2事故として車両保険を使って直す事も出来ますが、免責金額や保険等級がもう1等級下がる事による保険料の値上がりを考慮し、今回は1事故分だけでより高額な修理費用になるフェンダーとドアミラーの修理に車両保険を使い、ボンネットは自費で修理する事になりました。


フロントフェンダーやボンネットの付属部品を取り外し、飛び石傷を丁寧に削り落とします。
傷自体1つ1つは小さな物ですが、傷部分だけを局所的に削ってしまうとそこだけが窪んでしまう為、なだらかに広範囲に削る必要があります。

ドアミラーも車体から取り外し分解し、ボディ同様に傷を削り落します。



傷を削り落した部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールし赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

プライマーサフェーサーを塗装した部分も含めパネル全面を目の細かい研磨紙で研ぎ上げ、様々な技術を駆使してマスキングを施し塗装前の準備完了です。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がフェラーリ カリフォルニアTの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回のフロントフェンダーの傷の位置が隣接するドアパネルに近い所にあった為、ドアパネルに色合わせの為のボカシ塗装をしました。

ドアミラーもボディ同様にゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、塗装のしやすい高さの台にセットして丁寧に塗装します。




塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてフェラーリ カリフォルニアTの板金塗装 修理は完了です。

今回のフェラーリ カリフォルニアTの保険会社との協定修理費用は、部品代が27,896円と作業工賃が550,000円の合計577,896円(税込)となりました。
自費修理のボンネット修理塗装は作業工賃が220,000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにフェラーリ カリフォルニアTの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったフェラーリ カリフォルニアTを大切にお乗りください。

アウディ S4アバント 板金塗装 修理 事例


東京都江戸川区にお住いのお客様より、アウディ S4アバントの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様によると、お出掛け先の駐車場で車に戻った際に、来た時には無かったドアのへこみを発見したそうです。
走行時にぶつけて出来た様なへこみには見えず、恐らく駐車時にぶつけられてしまい相手はそのまま居なくなってしまったようです。
加入している車両保険を使って直す事になり、お車をお預かりしました。

今回のアウディ S4アバントの作業方針は、左フロントドアのパネル交換及び塗装と、隣接するフロントフェンダーとリアドアへの色合わせの為のボカシ塗装と言う作業内容になります。
アウディ S4アバントのドアパネルはアルミ製パネルとなります。
インターパシフィックでは今回の損傷の程度であれば十分板金修理する事は可能ですが、今回は保険修理となりますので修理費用を抑える必要は無い事もあり、お客様ともお打ち合わせの上でフロントドアパネルの交換での作業を選択しました。
まずは新品のドアパネルを車体に取り付け、パネル間の隙間や面の出入り具合を確認・調整します。

新品のドアパネルの裏側の折り返しのパネルの合わせ目にシーリングを施します。

ドアヒンジは元のドアから取り外したものを取り付けます。

新品のドアパネルを専用の塗装台にセットして、ヒンジやシーリングごと裏側をオリジナルの雰囲気を再現すべく塗装します。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースでフロントドアパネルの表側を熟練の塗装職人が、アウディの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

フロントドアに隣接するフロントフェンダーとリアドアも塗装ブース内で丁寧に塗装します。
各パネル共フロントドアに近い側のマスキングテープやビニールだけに赤い色が付着しており、遠い側には赤い色が付着していない事がお分かりになると思います。
この様に塗装する事で、隣接パネルの更に隣のパネルとの色の差異が出ない様にします。

塗装作業完了後、フロントドアパネルを車体に取り付け、取り外していた全ての部品を元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてアウディ S4アバントの板金塗装 修理は完了です。

今回のアウディ S4アバントの保険会社との協定修理費用は、部品代が304,139円と作業工賃が220,000円の合計524,139円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにアウディ S4アバントの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアウディ S4アバントを大切にお乗りください。

ポルシェ パナメーラターボS コーティング施工事例



ポルシェ パナメーラターボSのコーティング施工事例をご紹介します。
お客様はポルシェ パナメーラターボSのフロントバンパーの左角を擦ってしまったので修理したいとの事でご来店くださいました。
また、新車で購入してからちょうど3年程経つとの事で、ボディには細かい洗車傷やシミが目立ちますので、せっかく車を預けるのならと、ボディのガラスコーティングも一緒に施工させていただく事になりました。


当初フロントバンパーは左角を費用を抑えた部分塗装の方法で修理する予定でしたが、無数の石跳ね傷が付いており、この後コーティングを施工する事を考慮し、フロントバンパーは1本全面での修理塗装をご提案し、全面の修理塗装の方法に切り替えて作業しました。

フロントバンパーの修理塗装・ボディへの組付けが完了後、ボディ全体を洗剤を使って埃や汚れを洗い流します。
特にエンブレムの廻りはブラシを使って細かい部分の汚れを洗い流します。

水気をよくふき取り数種類のバフやコンパウンド・ポリッシャーを使い丁寧に磨き上げ、ボディ全体をピカピカにします。

ボディの磨き作業完了後、コーティング液を塗り込みます。
お客様は水切れ性に優れた排水型のガラスコーティングの施工を希望されました。
適度な撥水が持続し、雨の水滴がスムーズに流れ落ち易いのが特長のコーティング剤です。

ボディ全体にコーティング液をムラなく塗り込み、しばらく時間をおいて被膜を定着させてから、丁寧にクロスで拭きあげます。

ポルシェ パナメーラターボSを塗装・乾燥ブースに移動し、ブース内の室温を60℃に加温し1時間程ボディを加熱乾燥させます。
コーティング被膜をしっかり安定させ、十分な排水性を発揮させるためには乾燥時間が必要になります。
当社では自然乾燥ではなく塗装・乾燥ブースにて加熱乾燥させますのでコーティング被膜は完全に硬化し、耐久性に優れたより上質なコーティング被膜を実現させることが可能になるのです。
このたびはインターパシフィックに、ポルシェ パナメーラターボSのコーティング施工をご依頼いただき誠にありがとうございました。
艶艶に仕上がったポルシェ パナメーラターボSで素敵なカーライフをお楽しみください。

レンジローバーイヴォーク 板金塗装 修理 事例



東京都世田谷区にお住いのお客様より、ランドローバー レンジローバーイヴォークの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はご自宅の駐車場に車を止める際に、左側に寄せ過ぎてしまいランドローバー レンジローバーイヴォークの左側面を擦ってしまったそうです。
さらに車を入れ直そうとした際に慌ててしまい、ハンドル操作を誤りフロントバンパーの左角もぶつけてしまったそうです。
修理費用が高額になる事が予想される為、ご加入の車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。

保険会社からは、左側面とフロントバンパーの2箇所の損傷は1つの事故として認定していただく事ができました。
左側面を擦った事故から回避するために車を動かした事による一連の動きと言う事で1つの事故として認められたようです。
今回のレンジローバーイヴォークの作業方針は、左前後ドアの板金修理及び塗装、前後ドアプロテクターモールの取替と隣接するパネルへの色合わせの為のボカシ塗装、フロントバンパーの修理塗装及びアーチモールの取替と言う作業内容になります。
まずは前後ドアのへこみを丁寧に引き出し板金修理します。

鈑金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを極力薄く付け、硬化させてから綺麗に成形します。

フロントバンパーは車体から取り外し左角の傷はサンダーで削り落し、今回の事故の損傷以外にも石跳ね等による全体的に付いていた小傷も丁寧に削り落とします。


パテを付けた前後ドアと傷を削り落したフロントバンパーには、プライマサフェーサーを塗装ししっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がレンジローバーイヴォークの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

フロントバンパーは塗装し易い高さの台にセットし、ボディ同様に熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。


塗装作業完了後、取り外していた部品や新品に交換する部品を元通りに車体に組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてレンジローバーイヴォークの板金塗装 修理は完了です。

今回のレンジローバーイヴォークの保険会社との協定修理費用は、部品代が177,386円と作業工賃が533,280円の合計710,666円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにランドローバー レンジローバーイヴォークの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったレンジローバーイヴォークを大切にお乗りください。

メルセデスベンツ CLA180 板金塗装 修理 事例(保険修理)


神奈川県鎌倉市にお住いのお客様より、メルセデスベンツ CLA180の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
引越しして間もない頃、ご自宅マンションの駐車場から奥様が運転して出掛けようとしたところ、出入り口の壁にメルセデスベンツ CLA180の左後部を擦ってしまったそうです。
ご主人様が大切にしているお車なので何事もなかった様に綺麗に直して欲しいとの事で、ご加入の車両保険を使って直す事になり、お車をお預かりしました。

メルセデスベンツ CLA180は左クォーターパネルがへこみ、リアバンパーまで傷が及んでおり、よく見るとリアドアにも僅かに傷が付いていました。
保険会社のアジャスターによる車両の損傷確認が済み、今回のメルセデスベンツ CLA180の作業方針は左クォーターパネルのへこみの板金修理及び塗装と、左リアドアとリアバンパーの傷修理及び塗装と言う作業内容になります。

まずはへこんだクィーターパネルを引き出し、オリジナルのプレスラインを復元すべく丁寧に板金修理します。
リアバンパーの傷も同時にサンダーで削り落します。

坂金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形し、この後パテを付けた部分や傷を削った部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させました。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで熟練の塗装職人が、様々な技術を駆使してマスキングを施し、メルセデスベンツ CLA180の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

自費修理であればリアピラー上部位までの塗装範囲にとどめて修理費用を少しでも抑える方法を採るのですが、今回は車両保険を使った修理になりますので、何かしらの作業を省く必要はありませんので、クォーターパネルからひとつながりのフロントピラーまでを全面塗装しました。
こうする事でひとつながりのパネルの中でクリアー塗装が部分的に薄い箇所が出来る事がなくなります。

リアバンパーは車体から取り外して、塗装のしやすい高さの台にセットしボディ同様熟練の塗装職人が1本全面を丁寧に塗装します。

塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてメルセデスベンツ CLA180の板金塗装 修理は完了です。

今回のメルセデスベンツ CLA180の保険会社との協定修理費用は、部品代が5,731円とボディガラスコーティングの部分施工を含めた作業工賃が325,820円の合計331,551円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにメルセデスベンツ CLA180の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったメルセデスベンツ CLA180を大切にお乗りください。

テスラ モデル3 板金塗装 修理 事例


横浜市青葉区にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお買い物に出掛けたショッピングセンターの駐車場で、緩衝材の付いた大きな柱にテスラ モデル3の左後部をぶつけてしまったそうです。
いくつかの板金塗装工場に車を見せ、見積りをしていただいたそうですが、どこからもクォーターパネルはパネル交換するしかないと言われ、かなり高額の修理見積りを提示されてしまったそうです。
車両保険の等級や翌年以降の保険料金の値上がりの事を考慮し、出来る限り自費での修理を希望され何とかクォーターパネルを板金修理出来ないものかと相談に来られました。
確かに大きな損傷ではありますが、インターパシフィックでは十分板金修理で対応可能な損傷の程度でしたので、自費修理としてお車をお預かりしました。

今回のテスラ モデル3の作業方針は、左クォーターパネルの板金修理及びひとつながりの面を全面の塗装、隣接するリアドアへの色合わせの為のボカシ塗装と言う作業内容になります。
まずはラゲッジルーム左側のトリムを取り外し、大きくへこんだクォーターパネルを裏側から大まかに押し出します。へこんだパネルの裏側に手が届き、裏側から凹みを押し出すことが出来ると大きなへこみでも綺麗に鈑金することが出来ます。

裏側から押し出された部分をハンマーや当盤を使ってオリジナルの面を再現する様丁寧に板金修理します。

坂金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで熟練の塗装職人が、テスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
ドアの水切りモールやクォーターガラスは取り外す事で再使用出来なくなり部品代が掛かってしまう可能性がある為、またテールランプやセンサー付きのリアバンパー等の電装系部品も、取り外す事でコンピューターに一時的な断線等の記憶が残ってしまうとそのリセットの為に費用が掛かってしまう場合があるので、完全には外さずに部分的な脱着で済ませたりマスキング処理して塗装をしました。

塗装作業完了後、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金塗装 修理は完了です。

今回のテスラ モデル3の修理費用は、作業工賃が242,000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。

トヨタ RAV4 板金塗装 修理 事例



川崎市中原区にお住いのお客様より、トヨタ RAV4の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はトヨタ RAV4の新車を納車されて間もなく、通いなれたゴルフ練習場の少し狭い入口を右に曲がる際に以前のられていたお車の感覚で曲がってしまったそうです。
トヨタ RAV4の左フロント部が若干当たった様な感触があった為そのままもう少しハンドルを右に切り足してしまったところ、今度は右側にあったポールに右側面を擦ってしまったそうです。
お車が新車で納車間もない為元通り綺麗に直したい事や修理費用が高額にになる事が予想される為、ご加入の車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。


フロントバンパーの左下部・右側面と損傷部位が離れておりますが、お客様から保険会社への事故状況の報告と事故現場の状況・損傷車両の状態に整合性が認められ、離れた2か所の損傷の修理を1事故として修理出来る事になりました。
今回のトヨタ RAV4の作業方針は、フロントバンパーのセンター&左ロアカバーは部品交換、右側面の損傷は前後ドアパネルの取替塗装、前後ドアに隣接する前後フェンダーへの色合わせの為のボカシ塗装、傷の付いたリアタイヤとホイール・各プロテクターモール類の交換と言う作業内容になります。
前後ドアパネルが大きく押し込まれた為センターピラーやロックピラーにもへこみがありましたので板金修理します。


板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

新品の前後ドアパネルを車体に仮付けし、隣接パネルとの隙間や面の出入り具合を確認・調整します。


今回のトヨタ RAV4の場合、新品のドアパネルの裏側のパネルの接合部のシーリングはされていない状態での供給となっています。


オリジナルのシーリングを再現すべく熟練の板金職人が丁寧にシーリングを施します。

板金修理しパテを付けた部分を覆い隠す様にセンターピラーとロックピラー部にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。


ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで熟練の塗装職人が、トヨタ RAV4の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

センターピラーとロックピラー部も外板パネル同様に塗装します。


新品の前後ドアパネルは専用の塗装台にセットし、裏側と表側を丁寧に塗装します。

傷付いた右リアタイヤ&ホイールは新品を取り寄せ、タイヤ専門店にて組み付け・ホイールバランスを取り車体に取り付けます。

フロントバンパーのセンター&左ロアカバーを新品に交換します。

塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、各プロテクターモール類も新品を取り付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてトヨタ RAV4の板金塗装 修理は完了です。

今回のトヨタ RAV4の保険会社との協定修理費用は、部品代が284,130円とボディのガラスコーティングの再施工も含めた作業工賃が382,855円の合計666,985円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにトヨタ RAV4の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったトヨタ RAV4を大切にお乗りください。

ポルシェ マカンS 鈑金塗装 修理 事例



東京都世田谷区にお住いのお客様よりポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は狭い路地を曲がる際に、ポルシェ マカンSの左側面を角のブロック塀に擦ってしまい、その状況から回避する為に少し大回りしてバックしたところ、今度は右側にあった電柱に右フロント部分をぶつけてしまったそうです。
保険修理では、同じ時・同じ場所での一連の動きによる事故が1つの事故としてカウントされます。
近年では、このポルシェ マカンSの様に損傷部位が左右で離れていても、左側の事故の状況を回避するために動いた際の右フロントの事故と言う事で1つの事故として認定される場合も多く見受けられているのですが、今回のポルシェ マカンSの場合、事故現場の状況や車両の損傷状態等を保険会社が詳しく調査した結果、2つの別々の事故と言う判断になりました。
2事故にはなってしまいましたがそれぞれの事故の修理費用は高額になる為、どちらの修理も車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。


左側面の損傷は前後ドアだけでなく、ドアミラーとドアハンドルにも傷があります。
今回のポルシェ マカンSの修理方針は、1事故目の左側面の損傷は、損傷が大きな左リアドアの取替塗装、ドアミラーカバー・ドアハンドルの取替塗装、左フロントドアの修理塗装と左リアドアに隣接する左クォーターパネルへの色合わせの為のボカシ塗装となります。
2事故目の右フロント部の損傷は、アルミ製のフロントフードと変形してしまったフロントバンパーの取替塗装とフロントフードと隣接する左右フロントフェンダー及び右フロントドアへの色合わせの為のボカシ塗装と言う作業内容になります。

まずは新品のフロントフードを車両に仮付けし、隣接パネルとの隙間や面の出入り具合を確認・調整した後、専用の塗装台にセットして裏側をオリジナルの雰囲気を再現するべく丁寧に塗装します。


フロントドアの傷をサンダーで削り落した部分と新品のフロントフードの表面全面にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。


左リアドアを専用の塗装台にセットしてパネルの裏側を塗装し、続けて表側も丁寧に塗装します。


フロントフードやフロントバンパーもリアドアと同様に、ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで熟練の塗装職人がポルシェ マカンSの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。


国産車のドアミラーカバーやドアハンドルは塗装済みの部品が供給される場合がほとんどですが、輸入車の場合はこの様に未塗装での部品供給になる為、ボディパネル同様に塗装が必要になります。



ポルシェ マカンSをゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースに移動し、塗装の痕が残らないように様々な技術を駆使してマスキングを施し、熟練の塗装職人がポルシェ マカンSの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
多くの車種ではフロントフードに隣接するパネルはフロントフェンダーとなりますが、今回のポルシェ マカンSの様なフロントフードの形状になると隣接パネルはフロントドアにまで広がってしまい、広範囲に色合わせの為のボカシ塗装をする必要があり修理費用も多く掛かる事となります。

塗装が済んだフロントフードを車体に取付け、フードヒンジの取付ナットを締め込んだ後で塗装する事によって、フード交換の痕跡を分からなくする事が出来ます。




塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理は完了です。

今回のポルシェ マカンSの保険会社との協定修理費用は、1事故目は部品代が371,976円と作業工賃が375,760円の合計747,736円、2事故目は部品代が496,782円と作業工賃が417,120円の合計913,902円となり、2事故分の合計が1,661,638円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったポルシェ マカンSを大切にお乗りください。